« テレビ収録 | Main | 今日一日 »

観劇

友人の和田正人さんが、舞台でピアノを弾くというので
観に行ってきました。

「サヨナラ」の前に 
橋本和子・作 井生定巳・演出 佐藤鈴子・制作
                        
限りある「命」だから、「今」を懸命に生きる3つのおはなし
第一話 忘れる (甘いカレーが好きだった一人娘を痴呆の母は待っていた)

第二話 捨てる (障害を持つ父親の介護をめぐって子どもたちは)

第三話 拾う (特別養護老人ホームで拾った50年前の青春)


人間は誰しも、年をとっていくもの。
その中で、障害や認知症などさまざまな問題が起きてきます。
生きるとは。家族とは。本当に考えさせられました。

我が家にも、年老いた両親がいます。
健在で、第一線で仕事をしています。

生きているうちにと思いながら何もしていません。
ただ、そばで見ているのも愛だと勝手に考えています。

正人君。ピアノも劇も良かったよ。


|

« テレビ収録 | Main | 今日一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

まーちゃん。いつもお世話になっています。
舞台のあなたは本当に輝いていますね。
男が観てもほれぼれします。

写真に写っているのは、親父殿だと。
驚きです。
偶然では無く、必然でしょう。

またよろしくお願いいたします。

Posted by: 店主 | 04/28/2010 at 05:32 PM

いつもありがとうございます。
妻、子×2がお世話になります。
かさねてお礼申し上げます。

また伺いますので「いられ」やりましょう。

次回もよろしくお願いします。

ちなみに写真に写っているのは偶然にも私の父です・・・。

Posted by: 和田正人 | 04/26/2010 at 08:57 PM

いつもありがとうございます。

また伺って「いられ」しましょうね!

次回もよろしくお願いします。

ちなみに写真に写っているのは、私の父です・・・。

Posted by: 和田正人 | 04/26/2010 at 08:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テレビ収録 | Main | 今日一日 »