« 夢つくし | Main | 放映 »

商売人と商人

ある人から、「商人」と「商売人」は違うと教わりました。

商人は、人のために大志を持って行う人。

商売人は、自己の儲けのために行う人。

人のためすると、結果として儲かる。
これは、紙一重だが天と地の差があるほど難しい。
つい損得勘定で考え、自分の都合に陥る。

儲けることは、悪いことではない。
ただ、何のためかをはっきりしておかないといけない。

人のために一生懸命に商いをし、ご褒美として利益が出た。
そんな、商いを目指したい。

|

« 夢つくし | Main | 放映 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夢つくし | Main | 放映 »