« 天罰 | Main | テレビ取材 »

炊飯の裏ワザ

■もち米をひとつかみ加える
 (米の量の1割程度)
■酒を少量加える
 (米1合に対し大さじ1程度)
ふっくら炊ける。ご飯の光沢と甘味が増す。
■みりんを少量加える
 (米1合に対し大さじ1/2程度)
ツヤが増して、自然な甘みも少し増す
■備長炭を入れて炊く
備長炭が水の分子を小さくし、水をまろやかしてミネラルが豊富なふっくらとしたお米になります。保温時の臭いや黄ばみも防ぎます。
■サラダオイルを数滴加える
炊く前にサラダ油を2~3滴落として
炊きます。そうすると、不思議と臭いが取れ、お米につや
がでます。
■にがりを加える
美味しくふんわりとしたごはんに炊き上がります。
お米三合に、にがり5~10滴(小さじ2杯弱程度)を目安
■はちみつ少量を加える
お米3~4合に対し、ハチミツを大さじ1杯入れると、お米の自然な甘さが出るそうです。これはハチミツの甘さがどうのこうのというのではなく、ハチミツの酵素がデンプンを分解して出る甘みなので、まさに天然のお米のおいしさが増強されるらしいのです。つまりは、同じ甘味料でも砂糖はダメってことでしょうか?また、ハチミツはご飯に艶を生み出し、安価なお米でも、ふっくらおいしく炊けるそうです。
■一度沸騰させて冷ました湯(白湯)で炊く
■だいこんおろし
大根おろしを入れて炊く。
2合に対して、大さじ1くらいでしょうか。
古米をおいしく食べようとするときの方法です。
■塩をひとつまみ
お米の甘みが際立ったご飯です。また、いつもより水加減を多くすると、炊き増えするので、いつもより多く、しかも粒立ちの良いご飯が炊きあがります

|

« 天罰 | Main | テレビ取材 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 天罰 | Main | テレビ取材 »