« 燃ゆる日々 | Main | スコール »

小倉祇園

県指定無形民俗文化財(昭和33年4月3日指定)

山車に据え付けられた太鼓の音が無数に重なる小倉祇園祭は、映画「無法松の一生」で有名な祇園太鼓に象徴される勇壮な祭り行事です。関ヶ原の戦いの功により、40万石の大名に任ぜられた細川忠興公が、慶長7(1602)年に大規模な小倉城の築城を始め、元和3(1617)年に、城下町としての繁栄のために祇園社を創建して領内の総鎮守とし、翌年から行なった祇園祭が始まりといわれています。

北九州は、旧五市の影響で各区の連帯意識は離れて
います。今日は、若松もお祭りでした。
初めて見ました。

小学校で、太鼓のお手伝いをして「荷物リヤカー」をひっぱり
ました。軽い熱中症になったようです。しんどかった。
誰も、うちわであおいでくれんし・・・・。

|

« 燃ゆる日々 | Main | スコール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 燃ゆる日々 | Main | スコール »