« 宝物 | Main | 謎のパンダ »

いのちをいただく

西日本新聞社から、一冊の本が贈られてきた。
いのちをいただく
文 内田美智子
絵 諸江和美
監修 佐藤剛史

本文より
私たちは食べ物を食べて生きている。生きることは
食べること。すべての食べ物は命だ。肉も魚も野菜も
米も、すべてが種を残そうとする生命体だ。
人が生きるというこは、命を頂くこと。殺すこと。
私たちの命は、多くの命に支えられている。それを
実感したときに、食べ物のありがたみがわかる。
食べ物を粗末にしてはならないと分かる。
-------------------------------------------------------------------

この本を読んでいて、何度も涙ぐみました。
そして生きることの素晴らしさが伝わってきました。
とにかく読んでいただきたい一冊です。

あなたの隣の人に勧めてください。
ちなみにまだ売られておらず、5月11日出版となっていた。

お米の通販・販売 梶谷米穀店
出産内祝いに米(まい)ベビー



|

« 宝物 | Main | 謎のパンダ »

食育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 宝物 | Main | 謎のパンダ »