« 大掃除 | Main | 鳥よけ »

みだれ髪の君

リバーウォーク芸術劇場に青春座の
みだれ髪の君
を息子と観にいってきた。

今回は、最前列の真ん中あたり。
首が痛くなったけど、役者の息遣いを感じてよかった。

与謝野晶子と鉄幹夫婦の劇。
夢に生きる夫
夫を支えながら、自分を高めていく妻。
夫しての苦しみ、妻として女性としての苦しみを
二人で乗り切った人生に感動しながらみた。

鉄幹の有名な詩に
「人を恋うるの歌」がある
妻をめとらば才たけて ・
顔(みめ)うるはしくなさけある
友をえらばは書を読んで ・
六分の侠気四分の熱

鉄幹と自分を少しだぶらせて観ていた。
まーちゃん。良かったよ。


|

« 大掃除 | Main | 鳥よけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大掃除 | Main | 鳥よけ »