« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

稲の花

宮若市の山田さんちに、夢つくしを仕入に行ってきました。
今年の夢つくしは、高温障害がでて米粒に白い筋が結構
出ています。

山田さんは、当店の好みを知ってくれていて、若干青い米が
残る状態で収穫してくれます。
新米の香りは特別ですね。

写真は、ヒノヒカリの稲の花です。
石油高騰のおかげで、肥料・燃料と値上がりラッシュで
頭を痛めてました。


| | Comments (0)

親子ふれあい

小学校の親子ふれあいが開催されました。
総勢140名です。

体育館で、ゲームやそうめん流し。花火など盛り沢山。
子どもたちも先生も、保護者も楽しそうでした。
保護者が、学校に来るということは、子どもたちも
嬉しいみたいです。

ただ、周りを見渡すと
私が一番年上みたい・・・・。
長老たちは、昨年卒業したのです。

でも、若い保護者も沢山いました。
若さのエネルギーを頂きたいものです。



| | Comments (0)

体感

各地で、豪雨が起きている。
愛知のO師は、ブログで
「天変地異か戦争かと思うくらい」
と語っていた。

そのような経験が無いので、ピンとこない。

以前、福岡で大地震があっとき、熊本にいた。
速報で、地震を知って心配でならなかった。
しかし、その凄さを体感していないため
友人たちの会話に入っていけずに、ちょっぴり悔しかった。

最近は、予想できないことが多い。
全ての準備はできないが、もしもの時は何が起ころうと
乗り越えれるような人間になっていたい。

O師の自宅・会社が無事だと知り、
少し安堵している。
でも、亡くなった方にはご冥福を申し上げたい。

| | Comments (0)

夏の終わり

朝は、かなり冷え込んできた。
空を見上げると、すっかり秋になっている。

燃えるような夏も終わり、ひまわりもむなしく咲いている。
ちょっぴり淋しくなった。

心の中に秋風が吹きこんできた。

| | Comments (0)

医食同源

医食同源と言う言葉がある。
中国の古来からある言葉と思っていたら違ってた。

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。

「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想からヒントを得て、1972年 日本で造語された。 この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されているそうだ。

人に良いと書いて「食」
80兆円使っている医療費が、日頃の管理で少なく
なれば、随分違ってくるんではなかろうか。

| | Comments (0)

ラストスパート

夏休みも残りわずか。
今年も、例年通り「夏休みの宿題」に追われている。

今年は、答えを教えるのではなく
「考える方法」を教えている。

教えない・教え合う・紙は自分で。
マネージメントゲームのルールだが
これは、子育てにも当てはまる。

教えるのは、学ぶ楽しみを奪うもの。
色んな学びをしてもらいたい。

| | Comments (0)

ラッキー

わたしも連番が大好き。
ちょっとウキウキ。何か良いことがある気分。

日常の中で、ラッキーをいろいろと見つけ
自分を少しハッピーな気分にしてくと
一日気分がいい。

一杯幸せを見つけて
楽しい人生にしたい。

そして、縁ある人へ
おすそわけ。

明日は、どんな良いことがあるだろう。


| | Comments (0)

案山子

田んぼには、CDや黒いビニールがぶらさがり
釣り糸が張られていた。

今年も、沢山の案山子が立っていた。
少し不気味なマネキンたち。
稔った稲穂を守っている。

あとわずかで、稲刈り。


| | Comments (0)

平良一樹さん

自転車でリヤカーを引っ張りながら移動し、各地で食事会を
行い、約5ヶ月をかけ日本列島を八の字に一周している
平良一樹さんです。
あたらプロジェクトを行っています。

■テーマ「農と食と人がつながり未来につなげる交流」
 食べる事を起点に考え、4つの基本行動をとります。

1. 米作りを体験し、紹介する。
2. ぬか床と圧力鍋を携帯し、ぬか漬けと玄米ご飯を作る。
3. 食事会を開き、ぬか漬けと玄米ご飯でもてなす。
4. 未来につながる生活スタイルを共に考え、メッセージを残す。

名称「あたら」は、日本古語で可惜と書き、惜しむべき、もったい
ないの意味を表しています。現在でも沖縄では「あたらしむん」、
新潟や石川は「あったらもん」として用いられています。

当プロジェクトでは、人との出会いを大切にし、惜しむべき知恵を
再発見する旅を志しています。

真っ黒に日焼けをした彼から、農業・環境と色んな話を伺いました。
明日は、九州の巨匠 原田さんのところへ行くそうです。

その彼と会った直後、息子が読書感想文の本を借りに図書館へ
借りてきた本が、
「生ごみは大地を生かす
元校長先生の生ごみリサイクルへの挑戦」
なんだか、自分も動かされているようです。
不思議ですねぇ。

Isbn4569589081

| | Comments (0)

お気に入り

私の一番大好きな曲

| | Comments (0)

博多で

仕事を終え、博多のT君のところへ行ってきた。
歯を磨きすぎて、口の中を切って痛々しい雰囲気でやって
きた。
とりあえず、居酒屋さんへ。

注文した後、歯の痛みを和らげるため冷たいおしぼりを注文。
あいにく冷たいおしぼりが無いのでと、痛々しい彼の姿を見て
袋に氷を入れさらにおしぼりでくるんで持ってきてくれた。
その優しさに感動。

T君は、37歳で仕事も出来てルックスもいい。
何故、結婚しないのかと聞いてみた。
理想の嫁さんを探し続けているらしい。
両親の面倒を見てくれ、自分に気遣い、浮気を許してくれる人。

それじゃ、女中か奴隷じゃないか。

仕事・家庭・人生の理想と現実などを語り合い
用意されたものを待つのではなく、自分で作り上げるものだと
話した。

彼と別れたのは、午前1時。
帰りの高速は、意識朦朧となり半分寝ながら運転した。
今度は、泊まりがけでじっくり話すことにしよう。

| | Comments (0)

ウエディング・ママ

リバーウォーク芸術劇場
ウエディング・ママ」を和田さんと観に行ってきました。

キャストに木の実ナナ、田中健、尾藤イサオ、井上順、香寿たつき、鷲尾真知子さんらの豪華メンバーを揃え、ニューヨークを舞台に描かれるロマンティックコメディです。

 「家族・愛・友情・老い」をテーマにしつつも、「諦めなければいつだって夢が叶う!」という元気の出るストーリーです。
スタンダードジャズや恋人たちと交わすダンスなど見ている人が思わず踊りたくなるものでした。

人を愛し、信じることは素晴らしいと実感。
身の回りの全ての人を大切にして行きたいと思いました。

テレビではなく、本物は最高ですね。


| | Comments (0)

喜寿

お盆で帰省中の妹たちと、親父の喜寿のお祝いです。
みんなが揃うのは、何年ぶりでしょうか。

ケーキにウォーキングシューズのプレゼント。
生まれて初めてのことばかりで、喜んでいました。
みんなで集合写真。

普段何もしてあげられないので、少し肩の荷が下りました。
生きているうちに、親孝行と思いながら
忙しさに何もしていません。

もっとも、孫の笑顔が最大のプレゼントのような気がしますが。


| | Comments (0)

福岡市では、時々雨が降っていたようだが
こちらは、久し振りの雨。
夏休みに入ってから初めての雨だ。

街全体が、乾ききっていたため
本当に恵みの雨になった。
暑さも、少しは和らいだようだ。

| | Comments (0)

盆踊り

校区の盆踊りでした。
議員が踊る。老人施設の職員が大挙して踊る。
なんだか、生臭い盆踊り。

彼らが来なかったら、人数も半分以下になって淋しい
盆踊り。

なんだか、複雑な気分。


| | Comments (0)

洞窟探検

小学校で、洞窟探検でした。
青龍窟(せいりゅうくつ)は、平尾台の鍾乳洞の一つ。
今回、二度目でしたので、少し余裕が出来て景色も
楽しめました。

低学年には、ちょっとハードな行程だったようですが
みんな楽しみました。
心配していた腰痛にならず、自然を満喫。

雨が降らなくて、何よりです。


| | Comments (0)

長崎原爆

8月9日長崎に原爆が落とされた
最初の目的地である小倉から、長崎に変った。
もし、小倉に落とされていたら私は今、ここにいないかも知れない。

目標地点から、近い場所に親父が住んでいた。
この日は、色んな事を考えさせられる。

以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。

午前9時40分、大分県姫島方面から小倉市の投下目標上空へ爆撃航程を開始し、9時44分投下目標である小倉陸軍造兵廠上空へ到達。しかし爆撃手カーミット・ビーハン陸軍大尉が目視による投下目標確認に失敗する[10]。その後、別ルートで爆撃航程を少し短縮して繰り返すものの再び失敗、再度3度目となる爆撃航程を行うがこれも失敗。この間およそ45分。

この小倉上空での3回もの爆撃航程失敗のため残燃料に余裕がなくなり、その上ボックスカーは燃料系統に異常が発生したので予備燃料に切り替えた。その間に天候が悪化、日本軍高射砲からの対空攻撃が激しくなり[11]、また、陸軍芦屋基地から飛行第59戦隊の五式戦闘機、海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機(零戦)10機が緊急発進してきた事も確認されたので、目標を小倉市から第二目標である長崎県長崎市に変更し、午前10時30分頃、小倉市上空を離脱した。

もし最初の標的であった小倉に投下されていたならば、小倉市だけでなく隣接する戸畑市、若松市、八幡市、門司市、即ち現在の北九州市一帯と山口県の下関まで被害は広がり、死傷者は広島よりも多くなっていたのではないかと推測されている。

平和な今、満ち足りている今
当たり前のように時間は過ぎ去る。
戦争は、やはり嫌だ。


| | Comments (3)

七夕コシヒカリ

炊飯器から吹き上げる蒸気の香りが
なんとも言えない香りが漂う。

茶碗についだときの、キラキラ光る輝き
まるで、ダイヤモンドか、あの娘の笑顔

一口食べると、新米の香りと適度なねばり
そして、甘味が口の中に広がる。
日本人に生まれて良かったと思う瞬間だ。

佐賀・七夕コシヒカリが入荷した。
申し分ない味。
また、米屋の正月が始まった。

うまし米・ここにあり

| | Comments (0)

「SISTERS

リバーウォーク・芸術劇場に
松たか子主演舞台「SISTERS」
を友人の正人くんと観に行ってきた。

内容は、難しくて理解に苦しむ面もあったが
理解しようと思わなくて、ただ感じて観てみた。
最初は、登場人物のつながりやストーリーが把握
出来なかったが、次第に自分がそこに居るように
感じて、色んな事を考えさせられた。

家族のつながりや、愛について考えさせられ
舞台が終わった後、正人君との会食は、わたしにとって
かけがえのない時間となった。

舞台と正人君。ますますファンになった。
素敵な時間。ありがとう。
今度は、木の実ナナ。楽しみにしているよ。


| | Comments (0)

むつみ米ファン

当店のお米で、「むつみ米」というのがあります。
一人暮らしをされている年配の女性が、月に50k
購入してくれます。

子どもたちに配っていると言って。
k単価630円のお米
他のお米では、ダメだそうです。

「このお米を食べたら、他のお米食べられない」
ありがたいことです。
米屋をやっていて、一番うれしいひと時。

美味しさの向こうにあるものを伝えられたとき
ファンになり、信者となるのでしょう。
そういう作品を作り上げて行きたいものです。


| | Comments (0)

暑中見舞い

静岡の三浦さんから、暑中見舞いをいただいた。
今年は、親子で富士山に登ったようだ。
富士山・山頂からの暑中見舞い。

涼しさと彼の想いが伝わってきた。
しかも、2通も・・・・・。
夏の楽しみである。


| | Comments (0)

鵜呑み

東京に行ってきた。
そこで、大阪の藤井さんのお話を久し振りに聞いた。
藤井さんは、日本を代表するお米屋さん。

彼の視点はいつもながら凄い。
一つの物事をあらゆる角度から見ている。

まだ見ぬ新規の客より、今「目の前にいるお客様」
を大切にすることを訴え
何事も、検証しろと叫んでいた。

情報は、料理で言うと
「ニンジン・大根・魚」といった素材である。
それを生のまま食べると、腹を壊す。

情報は鵜呑みするのでなく、検証つまり調理して
自分なりに実証することを叫んでいた。
いつまでたっても、元気なお米屋さん。

わたしたちの、リーダーであり目標でもある。


| | Comments (0)

パソコントラブル

朝、店に来てパソコンの電源を入れたがつかない。
コンセントを抜いて、再度挑戦してもダメ。
このまま、壊れたらどうしよう。
バックアップ取ってない・・・・。

友人の紹介で、パソコンの修理屋さんへ持っていきました。
電源ユニットが壊れていたみたいです。
どうも、ヌカによる埃で負荷がかかったかも。

パソコンの手入れを時々するように言われました。
その前に、こまめにバックアップもしなくちゃ。

| | Comments (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »