« 食・息・動・想 | Main | 自然治癒力 »

食いあらためる

毎日食べるお米を美味しいものにするということは、最高の贅沢です。 だからこそ、安全・安心に気を使い、食にこだわりをもって食べてもらいたい。
「食べるとは、命を育てること。これ食育なり。」
「人の命を守り育てる、食べ物の向こうに・・・・」

命ある食べ物は、命の糧になる
私たちがいただく食べ物に、命が宿っているかどうか。これがいちばん大切 なことです。一体、人間は何のために毎日食べているのでしょうか。健康な 心と体は、毎日の食生活の積み重ね。このことを始めから考えてみて欲しい のです。そう、生きていくためです。
そして、明日へ命をつなぐためです。他のものの命をもらって、自分の命に しているのです。
特に妊娠中のお母さんや、吸収力の高い赤ちゃんの離乳食には気をつけて いただきたいものです。

・・・食べることは、生きること。
        人に良いと書いて「食」と読む・・・

|

« 食・息・動・想 | Main | 自然治癒力 »

食育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 食・息・動・想 | Main | 自然治癒力 »