« 無趣味 | Main | ときめき »

卒業式

卒業式がありました。
PTA会長として、たぶん最後の卒業式の祝辞です。
てっちゃんから、いただいた「ありがとう」をお題につくりました。

祝辞

6年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。そして、保護者の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。

さて、今君たちは人生の中で、卒業式という一つのくぎりを打ち、新たなる旅立ちを歩き始めたわけです。友だちと遊んだり、ケンカをしたり、時には傷つき 時には喜び合い、連合音楽会、自然教室、修学旅行と中島小学校での思い出を沢山残したことと思います。

今からも、さらに、つらいこと。悲しいこと。嬉しいこと。楽しいことなど、もっともっと沢山の出来事が待っていることでしょう。それら良い事も、悪い事も、自分に与えられた出来事を神様から与えられたものと受け止めて欲しいのです。

「今・ココ」に与えられているものを、物事を良い方にとるか、それとも悪い方に受けるかによって、その人の運命が善くなるか、悪くなるかが決定されるのです。どのような物事でも、良い方に受けようと思えば良い方に。悪い方に受けようと思えば悪い方に受けることが出来るのです。その受け方を決めるのは、あくまでも自分自身。本当に真の幸せを願っていれば、必ず幸せな人生を歩むでしょう。

日本人が一番好きな言葉が先日発表されました。一番好きな言葉は、「ありがとう」だそうです。「ありがとうございます」という言葉は、全てを作りだした神様の別な名前だと言われています。つまり何事対しても「ありがとうございます」と感謝し続けたら。神様と一体になれることかも知れません。それほど言葉や思いというものは大切なものなのです。
 
また自分一人で、大きくなったのではなく、本日この会場に来て下さっている多くの方々の支えもあったことも忘れてはなりません。今から、みんなの成長を支えて下さった方々へ感謝の言葉を贈ります。

卒業生起立。右側を向きましょう。
 本日ご出席の地域の皆様。防犯を始め、皆様の地域活動や、本校に対しての支援が、本日の卒業生を育てた、大きな柱であったことは言うまでもございません。心より感謝申し上げます。
卒業生 礼(ありがとうございます)

次に、後ろに座られているご家族の方を向いて下さい。
あなたちが生まれて来た日の事。幼いころ、初めて立ったと言えば喜び、熱を出したらオロオロとし、夜中でも病院に連れて行ったこと、小学校に入る時は、ちゃんとやっていけるだろうかと心配し、笑顔や泣いた顔、怒った顔を見つめ続け、いつもあなたたちが中心でした。そして、今日 この日を迎えました。あなたたちの卒業を一番喜んでいるのはご家族のみなさんです。
みなさんの顔は、本当に生き生きと輝いています。ご家族の方へしっかりと顔を見せて下さい。
卒業生 礼(ありがとうございます)

最後に先生方の方を向いて下さい
校長先生をはじめ、先生方。多くの先生方には沢山の教えと、思い出をいただきました。いくつになっても、先生方のことは忘れないでしょう。この子たちの将来を楽しみにしていてください。本当にお世話になりました。
卒業生 礼(ありがとうございます) 着席

最後に私から、卒業されるみなさんへ、お礼を申し上げます。6年間素晴らしい思い出をありがとうございました。きみたちのことは決して忘れません。 
皆さんのこれからの大いなる希望と夢が現実となし素晴らしい人生を送ることをお祈りして私からの言葉を祝辞とさせていただきます。

平成二十年三月十七日
中島小学校父母教師会 会長 梶谷 登

息子が、風邪をひきフラフラの状態で参加。
帰ったとたん、寝込みました。
わたしも、微熱が出てクタクタ。
今日は、早く寝ます。


|

« 無趣味 | Main | ときめき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無趣味 | Main | ときめき »