« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

HPについて

静岡のK師匠から、HPをCSS対応にするよう指令が出て
一か月近くになる。

HPを作っているうちに、色んなことが見えてきた。
これを作り上げるのは、第二創業と言っても過言では無い。

全てを見直し、改めて構築していく。
強みであったり、どこの・誰に・何をどのように
伝えるのではなく、伝えなければならない。

最近は、目の前の仕事に追われ、夜も会合とかで謀殺され
ている。本当にやらないといけないことが、後回しに。

少し、頭がウニの状態。
博多のおじぞうさんでも、おがんでこようか。

| | Comments (0)

食べ比べ

本日は、食べ比べを2回行いました。
ひとつめは、水に漬けずに20分で炊けるという新品種
「淡雪こまち」低アミロース米

「こうのとりのお米」
淡雪こまちは、口に合わず。
こうのとりは、美味でした。

二回目は、
会津コシヒカリで
1.一時間浸漬
2.浸漬なしで、お湯での早炊き
3.浸漬なしで、冷水での早炊き
こちらは、好みの問題でした。

炊き比べは、各人の好みが出て面白いです。


| | Comments (0)

JAたじま

お米マイスター東京会議の時に、生産者団体の
出品がありました。
JAたじまさんのブースがあり。

あいがも栽培米
特別栽培米こうのとり育むお米
幻のコシヒカリ蛇紋岩米
の3点を注文。

本日、その商品が届きました。
こうのとりのお米は、赤ちゃんギフトに使う予定。
蛇紋岩米は、お米屋さん仲間で有名なお米。

明日、試食する予定です。
久々にワクワクします。


| | Comments (4)

全国・お米マイスター会議

日曜日。東京に行ってきた。

午前6時45分発のスターフライヤー。
雪がちらほら降る中、いざ北九州空港へ。
遅れることなく定刻に羽田着。

福岡の末安くん片山師匠と一緒に
ふなくぼ商店さんへ。

このお店は、米屋の巡礼の聖地となっている。
米に対する思い。その米を最大においしくする努力。
全て、見習うばかりであった。

東京は、突風が吹き荒れ吹き飛ばされそうな具合。
お店見学の後、船久保さんと一緒に秋葉原へ。
お米マイスターの全国会議に参加。

全国会議と言っても、自己紹介レベル。
お金の無駄遣い。
まあ、旅費を出してもらっているので文句は言わない。

その後の講習会は、
一時間目・・・睡眠学習
二・三時間目・・浅草橋へ一人でお買い物。

会議終了して、MLの仲間と楽しいオフ会。
オフ会で、川崎の小島さんの奥さんの手を握っていたら
旦那に睨まれた。小島さんごめんね。
奥さん。体調大丈夫?

帰宅したのは、23時20分。
大収穫が得られ、楽しい一日であった。


| | Comments (0)

鵜呑み

テレビや新聞などのマスコミは、大本営発表と
思っている。

報道をそのまま鵜呑みしてはいけない。
事実を一部だけを取り上げれば、どういう形にでも
なる。信実とは違う。

泥つきの大根を、おいしいと言われて、
泥つきのまま、食卓に出す人はいないだろう。
料理して、初めておいしくなる。
泥つきのまま食べると、おなかを壊すかも。

マスコミも、同じだと思う。
何事も鵜呑みにせず、自分で咀嚼することが大切。

| | Comments (0)

スビリチュアル番組

新聞に、霊視・霊能・運勢鑑定などの
「スピリチュアル番組」のことが書いてあった。

放送界の第三者機関「放送倫理・番組向上機構」
は先月、霊視で「スピリチュアルカウンセリング」
する江原さんの番組か゜「制作上の倫理に反する」
との意見を公表したらしい。

霊感商法の被害拡大する原因になっているとか。

自分自身に対して、自身が無いから人に頼るんでしょう。
かくいう私も、占い大好き。
良いことは、必ず起こると信じ
悪いことは、気をつけることにしている。
いいかげんだ。

信じる、信じないはその個人によるものだと思う。
確かに、一歩間違えば危ない世界。
自分自身の価値観を高めるしかない。

| | Comments (0)

ホームページビルダー

完成したばかりの、HPを作りなおすことにしました。
今回は、CSS対応のHPを作る予定です。

とりあえず、ホームページビルダー12のお試し版を
ダウンロードしましたが、さっぱりわからずついてに
本を買ってきました。

プロに作ってもらう予定ですが、ある程度のことができない
と更新のたびに、お金がかかります。
ついでに、今までのHPの見直しをしなくてはいけません。

本日も、赤ちやんギフトの注文が来たのですが、
お客様から「わかりずらい」と。
センスがないからなぁ・・・。

まぁくん。助けて。


| | Comments (4)

道上くん

時々、アルバイトに来てくれている「道上くん」。
一番最初に来た時は、30kのお米を持たせると
フラフラしていました。

10段積みのお米も、6段くらいしか抱え切らず
ヨロヨロと。

今日は、石抜き20俵。
ほとんど、彼にやってもらいました。
10段積みも、なんとか大丈夫。

まだ、足元がおぼつかないけど、少したくましく
なっています。

うちのお店は、低賃金で働き放題。
道上くん。来年は留年せんと、しっかり卒業しいや。
親を悲しませんようにね。

いつも、ありがとう。
ただ働き大歓迎バイ! 遊びにおいで。


| | Comments (0)

捨てる

コップに牛乳が入っている。
コーラーを飲みたければ、牛乳を飲みほすか
捨てなければならない。

牛乳にコーラーを継ぎ足したら、まずくて飲めないだろう。
何かをするためには、何かを捨てなければならない。

時間の見直し。自分の棚卸。
その前に、コップに入っているものが何なのかを見極め
そして、何を入れたいのかを持たなければならない。

中々、捨てられないんだなぁ。

| | Comments (0)

もんじろう

友達から、変換ソフト
もんじろう」を教えてもろうたけん。原文に入力し、武士語や大阪弁。僕の博多弁やらなんやらおおよそ10種類が変換でくたい。今回、僕の博多弁で変換したものを張り付けてんだとたい。


変換してみたものの、こりゃ、一体何弁なんじゃろか。

| | Comments (0)

もち搗き

小学校でもち搗きがありました。
4.5.6年生。おおよそ60名で行います。

6年生は、体力的にも力一杯できますが、
4年生は今回初めて。臼を搗く子。
搗いているのか、杵の重さで落しているのか
わからない子供たち。

学校田で、今年は20kほどの収穫。
お母さんたちも手伝って、餅を丸めていました。
家庭で、餅搗きなどしなくなって、きっと良い
思い出になることでしょう。



| | Comments (0)

バレンタイデー

朝、配達に行ったら
「お疲れ様。頑張ってください」とメーッセヘジが書かれた
栄養ドリンクをいただきました。

あっ。今日はバレンタインデーだったんだ。

いくつになっても、嬉しいもんです。
本日は、3つもいただきました。
一つは知り合いのmさんから、手作り?ハート型チョコ。

みんなに、あっという間に食べられました。
ゆっくりと味わって食べたかったのに。

こちらがお世話になっているのに、ありがたいものです。


| | Comments (0)

朝8時頃、配達に出かけようとしたら雪が降って
来ました。みるみるうちに一面真っ白。
高速道路は通行止め。

おかけで、国道は大渋滞。
お客様も気兼ねしてか、ほとんど配達無し。
おかげで、たまっていた仕事が一気に片付きました。

それにしても、寒い一日です。


| | Comments (2)

祭りの後

祭りの後は淋しいもんです。
気が抜けたように・・・。

のハズでしたが、
朝から連休後の配達・精米と追われ

おまけに、静岡のKさんから
宿題の山。
寂しさに浸るヒマがありません。

Kさん。お心遣いに感謝です。
静岡では、お手伝いしますからね。

| | Comments (4)

待ちぼうけ

川くだりの途中、船頭さんが
「待ちぼうけ」について教えてくれました。
これは、柳川出身の北原白秋が作った詩。

待ちぼうけ、待ちぼうけ。
  ある日、せっせこ、野良かせぎ、
  そこへ兎が飛んで出て、
  ころり、ころげた
  木のねっこ。

 待ちぼうけ、待ちぼうけ。
  しめた。これから寝て待たうか。
  待てば獲(え)ものは駆けて来る。
  兎ぶつかれ、
  木のねっこ。

 待ちぼうけ、待ちぼうけ。
  昨日鍬とり、畑(はた)仕事、
  今日は頬づゑ、日向ぼこ、
  うまい伐り株、
  木のねっこ。

 待ちぼうけ、待ちぼうけ。
  今日は今日はで待ちぼうけ、
  明日は明日はで森のそと、
  兎待ち待ち、
  木のねっこ。

 待ちぼうけ、待ちぼうけ。
  もとは涼しい黍畑、
  いまは荒野(あれの)の箒草(ほうきぐさ)*、
  寒い北風、
  木のねっこ

意味は、子どもが農作業をしていると、ある日ウサギ
が木の根っこにつまづいて、そのウサギを得ることが
出来、それ以来ずっとその木の根っこのたもとで、農作業
をせず、ウサギを待ち続け、そのうち畑は荒れ果てた
という内容です。

つい、過去に囚われている自分を見たような気がして
反省してしまいました。


| | Comments (0)

オフ会

お米屋さんと、農家の方の全国オフ会が博多でありました。
北は、北海道から南は宮崎まで総勢32名が集合。
土曜の前夜祭から、月曜の柳川観光までの幹事団の一人
として参加。

流石に全国各地から集まるだけあって、そうそうとなる顔ぶれ。
沢山のエネルギーと学びを頂きました。
28歳の森島くんから教えてもらった

「仕事のABC」
A 当たり前のことを
B 馬鹿にせず
C ちゃんとやる
彼は、やはり只者ではありません。

写真は、柳川の川くだり。
良い波動とともに、すてきな時間を共有できて
ただ感謝です。
素敵な舞台を作ってくれた原田さん。ありがとう。


| | Comments (0)

共白髪

最近、白髪が増えている。
以前は気になっていたが、最近は気にしていない。
「白」って純白。綺麗になって行くんじゃないのかなぁって。

白髪って、幸せの証かもしれない。

白髪=幸せの証ってことは、歳を取れば取るほどしあわせってことですよね。
その「幸せの数」が「白髪の数」になっているように思えて
ならないのですが・・・。

「夫婦ともに白髪の生えるまで」末永く仲良く、というような話を聞きます。
結納のときの掛け軸の翁と媼は、真っ白な白髪頭で、手には幸せをかき集めるという熊手(又はほうき)
を持ち、幸せそうに互いの顔を見ながら微笑んでいる姿が描かれています。

白髪も白髪で、縁起物といわれるくらいなので、そんな厄介者扱いせずに
気長に付き合っていけるといいなぁ~。なんてね

| | Comments (2)

トイレ

家庭用のトイレで、男性が座っておしっこをする人が
増えているらしい。なんでも、立っておしっこをすると
周囲に粉末が飛び散り、尿石となりそれが原因で
臭いがするのだとか。

今朝の新聞に、TOTOの役員の人に
「おしっこが、飛び散らないトイレが出来ないか」
と質問したところ
「不可能です。トイレで座ってするかどうかは、家庭内
の力関係にある」と答えられたそうだ。

我が家の場合、わたしは立ってする。
力関係が、私のほうが上でないことはみなさん知ってのこと。
実は、男専用のトイレがあるのだ。

| | Comments (0)

突撃訪問

以前から気になっていた「森島米穀」さん。
HPの顔は、ちょっといかつい近づけない雰囲気。
近くに行ったので、ふらりと立ち寄ってみました。

アポ無しにもかかわらず、色んなはなしを伺うことが出来
ラッキー。30歳前という若さに関わらず、私の未熟さが
恥ずかしいばかりであった。

彼と話をしていて、「諸葛孔明」みたいな人だなぁと。
こだわらずに、こだわる。
今後の活躍が楽しみでならない。

一言だけ言えば、色んな人を巻き込む中心人物となる
から、店をコミュニティーの場として考えて欲しい。
売る店作りでなく、磁場を起こす発信基地のような店作り。
また、いらんおせっかいが出た。



| | Comments (7)

立春

陽暦では節分の翌日。2月4日頃。二十四節気の最初の節であり
本当の新年と言われています。

立春の日に禅寺では、魔よけのために「立春大吉」と書いた紙を
張る風習があり、この文字は縦書きにすると左右対照となり一年
災難にあわないそうです。

立春の前から、こちらも寒波が訪れています。
夜明け前が一番寒いと言いますが、まさに一年を通しての夜明け
の寒さでしょうか。

梅の便りも聞き、春がもうそこまで来ているようです。

| | Comments (0)

久しぶりに夢を見た。

車の助手席に乗っていた。
隣の運転手を見ると、ずっと他所を向いて運転している。

わたし「危ないから、前を見て運転しろよ」
相手 「大丈夫。今まで事故を起こしたことがないから」

私は、心配で仕方なかった。
もう一度、その運転手を見ると私だった。


夢から目が覚め、ふと思った。
私は、人や出来事が気になると、そちらばかり気にして
本来向いていなければならない方向に、目を向けて
いないなぁと。

時々、流れる風景を楽しむのも良いかもしれないが、
そちらばかり気に取られ、本来の目的・方向性を忘れる
ことがある。

時々、暗示的な夢を見る。気をつけよう。

| | Comments (0)

ぶ~さん

わたしが敬愛してる「ぶ~さん」から電話をもらった。
声を聞くのは、本当に久しぶり。
太ったと気にしながら、メタボの体操をしているにも
かかよらず、飲みすぎでその効果は全くないようだ。

天真爛漫に明るく、周りのものを引きつけるが
気まぐれがたまにきず。

ぶ~さんと、逢うこともあまり無くなったが
時々は無性に、会いたくなる人の一人。

「ぶ~さん。不幸を集めたら不幸な人生に。
 幸せを集めたら、幸せの人生に。
あなたは、幸せに囲まれているよ。
             今を大切にね」

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »