« 来訪 | Main | ありがとう »

ポイントカード

友人のブログより、またまた無断転載

今日の太助の日記にもポイントカードのことが書いてましたが、小原市場店に三日間店にたってみてかんじたのですが、543名確実にハガキ持参し104名はハガキ忘れとして計647名中ポイントカード所持者は三分の一でした。

私が見た限りでは、3~4ヶ月に一回買物の人が大半で、一年半ほど来店していなくてもポイントカードだけはしっかり財布の中に入れている人が数人、「新しくできたの?」と存在じたいを知らない人がかなり・・・

そう言えば、今年、福袋を門司港店に買いに来て、「前の人はたくさん購入し、ポイントカードを薦められたのに、私は少ししか買わなかったのでポイントカードをもらえなかった」というお客様からのクレームの「お客様の声」が届いていました。

当店の最低金額は315円也
ポイントカードは100円に一個スタンプがつき、100個、計一万円で500円の割引と言う仕組みだから当然315円でもポイントカードは薦められなければならないものなのです。

この「お客様の声」が、私が唐戸に入っている時にFAXで送られてきた時パートのおばちゃんが一言、「あら、ま~もったいない!渡してたらまた来てくれるのにねぇ~」と・・・
このおしゃべりおばちゃんはおしゃべりが好きなだけあって薦めるのも上手い。時にはしつこいと言われてるらしいが、鯵を包みながら、「おきゃくさま~じじやのポイントカード持ってる~?持ってると、と~ってもお得よ~期限がないから作っとくわね~また下関に来たくなるわよ~」と言いながら広島や岡山からの観光のお客様にどんどん配るのです。

門司港店のスタッフは金額によってお客様を差別したのではなく、単なる言い忘れなのですが、お客様にとっては気持ちのいいものではありません。

実際わたしも、ある、和菓子屋と洋菓子屋で時々買物をするのですが、顔見知りの客にはポイントカード押しましょうって店員の方から声を掛けるが、そうでない人には存在すら教えない。私の場合よそのポイントカードはどんなものか参考にしたいので
「わたしもポイントカードもらえますか?」と自分から聞く。そうするとたいがいの店員が「あら?いるの?」みたいな顔をする。その店には二度と行かない。栄町商店街での話しである。(笑)

どこの何がおいしいかとお客様に問われた時も、自分がいい印象をもっているところしか薦めない。

どんなに老舗の店でも、どんなにいい商品でも、販売スタッフの接客というか、丁寧な対応でも気持ちがこもっていない言葉には、また来たいという気持ちは生まれない。ただ店員の丁寧な言葉の中に冷酷さをかんじるだけ、それによって売れる店売れない店が決まってしまう。

この、「お客様の声」が届いてから門司港店に寄った時、「お客様の声が来るとドキッとします。また書かれるんやないか!と思ったら今の接客でよかったか?と思います。」と言ったのをきいて・・・

現場にいない私や、社長から言われるよりいいでしょう。○○さんの通信簿みたいやね!自信を持って普段どおりにやればいいんじゃないですか?接客に自分の私情(怒りや悲しみや疲れなんか)が入るから冷たい接客になってしまうんじゃない?社長がよく言うやん「売台に立ったら女優になれ!」って・・・売台という舞台に立って一日8時間じじやの優秀な販売員を演じればいいだけ!8年もやってんだから一回くらいお客様から忠告されたからって「また書かれる」と言う不安じゃなくて「おかしなおじさんが面白い」って書いてくれるような方向にもっていったら~

今回のお客様の声によってまた、スタッフ全員が気を引き締めることになって良かったやん?私が言わなきゃならないことをお客様がかわりに言ってくれるから、ある意味クレームは私にとって嬉しいんやけどね~ッと言ったら

スタッフは笑ってました。

お客様の声   クレームなんか恐くない!   あり難きお言葉なのだ!

クレームノートを我社では「めで鯛(たい)コール」と呼んでます。

さて、今回品切れしていたつぼだいのお得なセットが出来ています。
お申し込みはこちらから・・・とアドレスを張ってましたがなんとまだアップされてないという始末。これだから他に依頼してやってもらうっていうのは時差がでて嫌なんですよね。とっとと自分で出来るようにならなければ・・・

|

« 来訪 | Main | ありがとう »

商売繁盛」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 来訪 | Main | ありがとう »