« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

第一級講釈師

ご飯の炊き方をレクチャーせよと指令が下されました。
講釈なら得意なんだけど、実地はねぇ・・・・。
それでも、炊飯のポイントを説明しながら行いました。

最近は、精米機器がよいので、研ぐのではなく洗う
感じです。

計量・水漬・ほぐしを重点的に説明。

来週は、RKBテレビの「探検九州」の取材。
今日の反省を生かして、頑張ります。


| | Comments (2)

取材

地元KBCテレビ「アサデス」の収録が行われました。
最初依頼があったとき、月末なので難色を示したら、
「すぐに終わるから大丈夫です」と。

お陰で、昨日は大掃除。
今回は、リポーターがいないので、自分で喋らないと
いけません。

今回の目的は、福岡の食材を使った
「おにぎり」と「卵かけご飯」に合うお米探し。
福岡以外だと沢山あるのですが・・・・・。

それでも、「しいて言えば」というかたちい゛コメント。
今回は、仲間の原田さん。今福さんには大変お世話に
なりました。アドバイスが表現できなかったのが残念。

出来が気に食わないので、放映日時は秘密です。


| | Comments (0)

ああたかい

もう12月が目の前だというのに
暖かい~。

現在、22時。事務所でお仕事。
ストーブもつけず、ジヤンバーも着ず
それでも、そんなに寒くありません。

灯油がほとんど売れません。
これは嬉しい。

しかしこの気象どうなるんでしょうね。
雨も降らないし。

暑いときは、暑い方がいい。
寒いときは、寒い方がいい。

でも、寒くなくて肩・腰が快調。
肩・腰は寒さにこたえるんだよねぇ~。

| | Comments (0)

感謝

最近、いろんな人に助けられていると心から
感じる。

いつもわがままばかり言って振り回しているのに
笑って許してくれる仲間。
いつかバチが当たりそう。

仲間の応援や、忙しさで心地よい疲れ。
足を向けて眠れない人ばかり。
こうなったら、立って眠るしかない。

心から感謝。

| | Comments (0)

一夜明けて

昨晩、カンブリア宮殿で「遠藤五一」さんが出演した。
相変わらず、カメラが苦手な人だ。

彼と出会って感じたのは、
優れた農民は、優れた哲学者である
という印象だった。

「遠藤五一」で検索しても、上位に上がっていない私の
HPまで、注文が舞い込んだ。
恥ずかしながら、ネット販売を開始して初めての注文。

買い物カゴの設定が悪く、お客様に迷惑をかけている。

博多の某S米穀店には、注文が殺到して他の商品も凄い
らしい。彼の店に税務署が来る日は近い。

| | Comments (5)

稲刈り

配達の途中、稲刈りをしてきました。
先日見かけた、二番穂の稲刈りです。

二番穂はとても小さく、すぐに刈り取れました。
これは、食用にならないため雑草と同じ扱いです。

店に持ち帰って、軒先で天日干し。
どうやって飾ろうかと思案中。

今晩は、テレビで遠藤五一さんの番組があります。
年々、仕入れ量が限定されてきて、遠藤さんに
「もう、テレビには出ないで欲しい」と言いました。

どこかの会社のように、品物が倍にならないことが救いです。


| | Comments (0)

紅葉

お葬式が終わって、息子とSLの指定席が取れたら
乗ろうと、駅まで行きました。

しかし無人駅。残念。
待っても、乗れなかったらいけないので、次回家族
みんなで乗りに行こうと思います。

駅の紅葉が見事でした。
携帯からは、その素晴らしさが伝わらずにこちらも残念。


| | Comments (0)

SL

山口県萩市に、農家の方のお葬式に行ってきました。
紅葉シーズンで結構、道は込んでいました。

途中で、SLと遭遇
線路沿いの道なのですが、行楽の車で渋滞中。
何度も並走しましたが、シャッターチャンスが無く残念。

初めて見るSLに息子は感激。


| | Comments (0)

祭日

大好きな祭日。
朝から、ずっとお仕事。午前中は業務用の配達。
そして精米。石抜き。片付け。

かみさんと子どもたちは、下関の実家へ。
決して、家出ではありません。

晩飯は、いつもの吉野家で、牛丼の大盛りと味噌汁。
そして、日明の湯へ。
いつもの極楽のパターン。

お風呂にゆっくりつかり、ボーと過ごす至福の一時。
仕事を全て片付けて、心からリフレッシュ。

| | Comments (0)

11月22日

11月22日の今日は、いい夫婦の日。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

いい夫婦っ何だろう。
みんな違って、みんないい。

私の好きな言葉。
「夫婦とは修行相手なり。
 師になったり、弟子になったり」

私にとっては、師であり、神であります。
さからったら・・・・。

| | Comments (2)

二番穂

配達の途中、田んぼ一面が黄金色に染まっていました。
秋の稲刈りの終わった後の田んぼに、二番穂が生えて
いるのです。食べられないらしいけど稲がなっています。

稲穂を触ってみると、まだ完熟していないようでした。
本当に食べられないのかなぁ。
このまま、雑草のように刈り取ってしまうのでしょうか。

高さ30センチくらいのミニチュア稲。
明日、釜をもってディスプレイ用に稲刈りしに行こう。



| | Comments (0)

ごはん教室-2

ご飯教室PART2でした。
前回で多少は慣れたものの、今回は「家庭科」の授業の一環。

1.朝ごはん調べ
 朝食抜き0人。ごはん20人。パン13人。お好み焼き1人。
 意外とごはんを食べていました。

2.学校給食のご飯調べ
 日本で作られているお米は何種類
      お米マイスターの仕事と、お米の特性
 色んなお米
 稲穂ともみ
 籾殻はがし
 ビン搗きと精米機の速さ比べ
 ご飯の炊き方
 ご飯の味わい方
 玄米とくろ米の食べ比べ・・以外と好評

3.主食って何
 主食・・・主に食べるもの。近頃雑食?
 車は何で動く
   ブドウ糖と脳の働き
   朝ごはんの大切さ
 ご飯を食べると太るの?
 学力は、朝食から
 歯の数と食べ物バランス

最後に「いただきます」の意味

てな感じですすめました。三浦さんご協力ありがとう。
最後は、時間オーバーになりそうでした。
もう少し、絞ったほうが良かったと反省です。

ちなみに今朝は、寝坊して朝はバナナ一本。
講師がごはんを食べてないとはねぇ・・・・。

話は変わって、昨夜
子羊をレアでいただきました。
生涯残る思い出の味となりそう。


| | Comments (0)


| | Comments (0)

続・三丁目

子ども二人に頼まれて、
ALWAYS 続・三丁目の夕日
を観に行ってきました。

前作から、家族みんなで (一部かみさんを除く) 
はまっていて、楽しみにしていた映画です。
懐かしい風景と人情味溢れる下町。

ところでこの映画の主人公なのですが、
この時代一人一人が主人公だったというメッセージが隠されて
いるような気がします。

わたしが好きなのは、踊り子石崎ヒロミを演じている小雪。
現実と映画が交錯して、最後は涙があふれ出てしまいました。
可憐で、強がりで、いじっぱり。でも、ものすごく暖かい。

またまた、生きる勇気と希望を与えていただいた気がします。
くじけないで、ガンバルゾ。


| | Comments (0)

俺の城

北九州演劇祭 市民参加公演 第15回記念公演
青春座による
「俺の城ー加藤清正物語」
を観劇してきました。

今回は、かみさんの憧れ和田正人さんが、豊臣秀頼役で出るので
夫婦揃って出かけました。(珍しい)

いきなり主人公の加藤清正の出番です。
声がききとりにくい・・・。
一生懸命、耳をそばだてて聞いてました。

そのうち睡魔が・・・。
かみさんに起こされ、再び観劇。

いつ、彼が出てくるのかと楽しみにワクワク。
中々出てこない。

やっと出てきました。今回は、18歳の役だそうです。
3*歳とは思えないくらい、その役柄を果たしていました。

ようやく劇が終わり、出演者はロビーでお見送り。
彼が居ない。
必死に探す、かみさんは少し涙目。

きっと衣装が、忠臣蔵の殿中の場面のような引きずる服
だったからね。残念。
まーくんお疲れ様でした。


| | Comments (0)

燻製作り

PTAで燻製作りがありました。
まずは、ダンボールを広げてアルミホイルを張りそして
網を置く針金を通すところからスタートです。

低学年を中心とた親子40名くらいの参加。
日曜の天気は、あいにくの強風。

外に移動して、カセットボンヘの上に皿を置きその上に
桜のチップで燻製します。
上にダンボールをかぶせ石を置き、後は出来上がるのを
待つだけ。

突然の突風で、ダンボールが吹っ飛ぶは、火の調整が
上手く行かないはで大変でした。
出来上がった、燻製とおにぎり豚汁を寒風の中シートを
引き実食。

お味は
・・・・・・・。

親子でやったのが、最高の味となりました。



| | Comments (0)

DVD

我が家には、昨年買ったDVDプレイヤーがある。
色んな番組をかみさんと子どもたちが録画しています。
わたしは使い方がわからないので見るだけ。

昨夜、「録画したのをDVDにダビングして」
と頼まれました。

説明書を見ながら、そして友人に聞きながらの挑戦。
何やら、DVDを初期化しなければいけない。

これも説明書を見ながら初期化。

・・・・・
なんと、録画していたのを全て消してしまったのです。

かみさん。激怒。
子どもたち、目に涙をためて無言・・・。
ひたすらあやまる私。

怒ったかみさん。食器の洗い物。
そこで、次男和希がせっせとお手伝い。
滅多にしないのに不思議でした。

一緒に風呂に入っていると彼が
「お父さん。お母さんに許してあげてと頼んだよ」
うっ。目頭が熱くなったのでした。

いつも叱ってばかりの子どもたち。
ありがとうよ。そしてごめんね。

| | Comments (0)

暗号

銀行から一本の電話があった。
「小切手のことで、お電話しました」
内心、当座にはお金が入っているはずだけど・・・。

「日付の字が、読めないんです」
字が汚くて、読めなかったそうだ。
これで3回目。

「暗号で書いているんですよ」
と、笑ってごまかしたら怒られた。

もう少し丁寧に書くことにしよう。

| | Comments (0)

小さい秋

昨日から暖かく、シャツ一枚でもいいくらい。
ちょっと動くと汗ばみました。

でも、郊外に行くと秋を堪能。
小さな祠(ほこら)と紅葉。
あたりは、朝もやに包まれていて、日本の原風景
みたいでした。

ちょっと息苦しくなってきた今、久しぶりにいい気分。
さぁ。がんばるぞ。


| | Comments (0)

信頼

信頼を得るのは難しい。
信頼を得るためには、小さな仕事でも全力で行う
ことだろう。

時々、こんな仕事は私の仕事ではない。と、
言い切る人がいる。
そうだろうか。

雑用にしか思えない、誰でも出来そうな仕事。
それでも、その仕事で相手を驚かせてみては。
相手の期待以上のことをする。

小さな仕事も出来なくて、大きな仕事を任せられる
はずがない。

信頼を得るために、いつも全力でやっているだろうか。
お客様に満足を与えているだろうか。

| | Comments (0)

無題

北九州で全国区になった話題。
「生活保護」

最近、生活保護の申請が急増しているとか。
生活保護を申請するため、同居していたのを一人暮らしを
始めた方もいるそうだ。

働きたいけど、職場が無い。
働きたいけど、働けない。
働く意欲が無い。

色々な人が居て、色んな事情がある。
弱者を切り捨てるのは、もってのほか。
しかし、それを悪用するのも、もってのほか。

本当に必要な人の手に渡ってもらいたいものだ。

| | Comments (0)

環境整備

久々にヒマな一日。
こんな日は、環境整備。
書類の整理整頓をすると、大量の紙が・・・。

いつか読もうと思っていたものも廃棄。
そのまま古紙を市民センターへ。

お陰で、事務所はすっきり。
ついでに脳みその整理整頓もしなければ。
寒くなって、凍りつく前に。

| | Comments (0)

卓球

次男。和希の卓球の試合。
親に似て、ちょっとどんくさい。
走る姿は、前かがみで見ている人を笑わせる。

そんな彼の卓球の試合。
家族みんな他の用事があったので、観戦できず残念。

一回戦、小6相手に接戦。
二回戦、昨年の優勝者に完敗。

負けてもサバサバしていた。
全力を出し切ったのだろう。

運動会の前などにいつも言っている。
「一生懸命やったら、結果はどうでもいいんだよ」って。
もうすでに、来年の試合のことを話していた。

勝負はやはり、勝つと楽しい。
来年は頑張れ。

| | Comments (0)

焼肉

高校同窓会の反省会第一弾。
焼肉の名店「肉衛門」で食事です。

ここは、裏通りにありながら予約をしないと入れません。
肉の最高である五等級をふんだんに使っています。
霜降りの肉は、ジュシーでまろやか。

ただ、年を取ったせいか脂が胃にもたれて、往年の食欲が
出ません。それでも久しぶり美味しいものを楽しい友人たち
と堪能できて、至福の一時をすごせました。

来月のふく忘年会も楽しみにしています。


| | Comments (0)

ロード

配達途中ラジオを聴いていたら、懐かしい曲がかかってきた。
THE虎舞竜の「ロード」

サビのここの部分が好き。
 「何でもないような事が 幸せだったと思う
  何でもない夜の事 二度とは戻れない夜

  何でもないような事が 幸せだったと思う
  何でもない夜の事 二度とは戻れない夜」

朝、目が覚めて。家族がいて。友人がいて。
なんでもないこのひと時。
失ってはじめて判る、今までの幸せ。

空気のように、当たり前だと思っていたことが
実は当たり前では無かった。

あなたがいるから、幸せなんだ。
いつも喜びを胸に秘めておきたい。
感謝していたい。

かじやのぼる

| | Comments (0)

高所恐怖症

いつも配達行くマンションの7階。
となりのビルの屋上に伝っていける距離なんです。
ここにくると、いつもお尻がムズムズ。

いつの間にか、屋根の上に上がって落ちそうな自分を
イメージしてしまいます。

いつも見ないように心がけているのですが、何故か
しっかり見てしまいます。

高所恐怖症の人間は、そこから落ちることをイメージし、
その後の落ちた場面まで、考えるそうです。
前世で落ちた記憶がよみがえるのでしょうか。

高所と閉所が苦手なわたしでした。


| | Comments (0)

親離れ 子離れ

ま~くん。二学期の原稿です。

親離れ、子離れ 梶谷登
日野原重明先生はこういいます。「最近の親は、子供が学校を出た後に関わり過ぎているのではないか。就職先なども子供にまかせればいい。親は子どものために弓をいっぱいに張りなさいと、出来るだけ力強く。そして、その手を離したときに、矢がどこに飛んでいくかは考えなくていい、的をきめて離すまでが、親の仕事。矢がどこに行くかは子どもが決めること」と。どれだけ飛べるかは、親の力量なのかも知れない。

| | Comments (0)

夢をかなうるゾウ

自己啓発の本を読まなくなって随分たつ。
友人のn.佳代子姫から一冊の本を手渡された。
「これ、読んでみぃ。あんたのことが書かれてあるで」と。

夢をかなえるゾウ

自分の夢実現のためには、いかに相手の役に立つかを
懇々と繰り返し語られており、書かれていることを実行していけば、
いつもの毎日が少しずつ変化していくだろうなと思った。
行動するかどうかは私たち次第。
著者は主人公とガネーシャの話を通じて
成功の秘訣を私たちにわかりやすい形で見せてくれてる。

お奨めの一冊。

| | Comments (0)

バザー

事業参観の後はバザーです。
今年は「おやじの会」を立ち上げたので、おとうさんたちも大勢
協力してくれました。

準備・設営・後片付けと、くたびれました。
でも、先生や子どもたちと一緒に楽しめてなによりです。

打ち上げも総勢40名近く参加。
一つの家族のようになり、わたしの理想となっています。
参加してくれて、ありがとう。


| | Comments (0)

授業参観

小学校6年間で初めて授業参観に行って来ました。
先生も保護者の前で張り切っています。
子どもたちも親の前で、張り切っていました。

親たちは・・・・。
廊下で見学。他の保護者とおしゃべり。
私語をつつみましょうと張り紙でもしていた方が良かった。

子ども前でちょっぴり淋しい授業参観でした。

| | Comments (0)

起業祭

起業祭りに家族で行ってきました。

明治34年11月18日に、官営八幡製鉄所が作業開始式を挙行したのが始まりです。昭和60年に市民組織による実行委員会が結成され、“企業のまつり”から“市民のまつり”として生まれ変わり、平成17年に20年目を迎えました。

家族で祭り見物は、本当に久しぶり。
沢山並ぶ露天を楽しみました。
金魚すくいや、カードゲームなど楽しんだようです。

Fw:

| | Comments (0)

夫婦って?

ある仲の良いお母さんがいる。
いつも夫婦論を交わしている。

彼女曰く。
なんで、女は実家を捨てないといけないの?
なんで、掃除・洗濯・炊事は女の仕事?
なんで、子育てはわたしばかり?
なんで、亭主が家に帰ったらご機嫌とらないといけないの?

わたしは、かみさんを女中扱いにするのを極力やめている。
でも家のことは、結構ほったらかし。
かみんさに全て任せていると言っても過言ではないだろう。

わたしも、古い考えなのかも知れないが、
家事や子育ては、立派な仕事だと思う。
決して雑務ではない。

亭主の仕事も、決していい加減にはしていないはずだ。
それぞれが、与えられた仕事を精一杯し、お互いに助け合う
これが、夫婦だと思っていた。

根本の価値観が違う場合どうしたらいいのだろうか。
夫婦ってなんだろう。

| | Comments (0)

ふくMGのご案内

平成19年11月 吉日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 唐戸魚市場       |
|        |
| ふく・福 MG のご案内      |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

MGは「思想」です。井深イムズであり、本田イムズであり、小林 茂
イムズです。
MGは「科学」です。会計学であり、ORであり、行動科学です。
MGは「経験」です。開発者の企業体験をゲ―ム化したものです。

<日 時> 12月 14日 日曜日
集合 9:25/スタ―ト 9:30 ~ 18:00

<受講料> 1人 7000円 (昼食,ふく宴会、消費税込み)
ふくのみ参加は、6000円です。

<講 師> 未 定

<定 員> 30名

<会 場> 下関唐戸魚市場 (研修室) (駐車場有り)
下関市彦島西山町 南風泊市場内 (0832)67-8181

《持参品》 大きな電卓(ポケットサイズは不可),えんぴつ,消しゴム
(2回目以降の人 = テキスト,100回帳,戦 略 )

<スケジュ―ル>

9:30 第 1 期 ゲ―ム及び決算
14:00 第 3 期 ゲ―ム及び決算
16:00 ふく宴会

主催 下関唐戸魚市場 松村 久
下関市唐戸町6―15 TEL 0832-23-8331 FAX 0832-66-8256

事務局 梶谷米穀店 梶谷 登
北九州市小倉北区香春口1丁目4―11
TEL 093-921-4765 FAX 093-931-6568
携帯電話 090―4340―2200

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キ リ ト リ セ ン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下関・ふくMG 参加申込書
ふくMGに 参加・ ふく宴会のみ参加 どちらかに丸して下さい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 氏 名 | | 会社名 |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 所在地 |(〒 ) |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| TEL | | 経験期数 なし,あり( )期 |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
会場までの地図を希望します はい ・ いいえ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
|宿泊希望日|( / )( / )(前泊の方は早めに) |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
FAX 093―931―6568

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »