« 汗 | Main | エコ経営 »

プールを歩いた男

かたつむりさんのブログよりコピペです。

プールを歩いて渡った少女 読売新聞の「窓」より

島市の女子高生A子さんは、小児マヒが原因で足が悪い女の子。
彼女の高校では、7月にクラス対抗100メートル水泳リレー大会があります。
男女2名ずつがそれぞれ25メートル泳ぐ競技です。

出場選手を決めていたときのこと、女子1名がどうしても決まりませんでした。
早く帰りたいクラスのボスは、
「A子は3年間、体育祭、水泳大会に一度も出ていない。
最後の3年目なんだから、お前が参加しろ」
といじわるなことを言い出しました。

誰かが味方してくれると思いきや、
他の女子生徒は何か言えば自分が泳がされると思い、
みな口をつぐんでいます。

男子生徒もボスに憎まれたくないから、何も言いませんでした。
そして、何と結局泳げないA子さんが選手になってしまったのです。


彼女は家に帰り、お母さんに泣きながら訴えました。

ところが、それを聞いたお母さん
「お前は来春就職するのよ。
もし、その会社で何かできない仕事を言われたら、
また泣いて私に相談するの?
そしてお母さんがそのたびに会社に行って、
うちの子にこんな仕事をさせないでくださいって言いに行くの?」

そう言ってすごく怒り、A子さんを突き放しました。

A子さんは部屋で泣きました。
さんざん泣いたあと、彼女は自分の足で25メートル歩いて渡る決心をし、
そのことをお母さんに告げました。
するとお母さんは、仏壇に向かって必死に祈ってくれました。

「A子を強い子に育ててください」


水泳大会の日、水中を歩くA子さんを見て、まわりから笑い声や
ひやかしの声が響きました。

彼女がやっとプールの中ほどまで進んだその時です。
一人の男性が背広を着たままでプールに飛び込み、A子さんの隣のコースを
一緒に歩き始めたのです。

高校の校長先生でした。
「何分かかってもいい、先生が一緒に歩いてあげるから、
ゴールまで歩きなさい。恥ずかしいことじゃない、自分の足で歩きなさい」
そういって励ましてくれたのです。

一瞬にしてひやかしや笑い声は消え、みんなが声をだして彼女を
応援し始めました。

長い時間をかけて彼女が25メートルを歩き終わった時、
友達も先生も、そしてあのボスもみんな泣いていました。

自分の弱い部分を勇気を出して乗り越えたからこそ、
励ましてくれる人が現れ、みんなが応援してくれたんですね。

この一歩を踏み出す勇気を持ちたいと思います。

|

« 汗 | Main | エコ経営 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 汗 | Main | エコ経営 »