« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

無常

桜散る、残る桜も散る桜

| | Comments (0)

エコ経営

日本には昔から、モノを大切にする風土があった。
衣類は使えなくなると、糸をほどき最後はおしめに。
食べ物も、捨てるものなど無く、工夫しながら生活
していた。

「もったいない」という言葉に代表されるよう、それは
日本の美徳だ。

今、多くの企業がその美徳を生かしている。
資源を大切にし、再利用。
廃棄なんてもってのほか。

素晴らしいエコ経営ではないか。
きっと、匂いを嗅ぐ専門部署でもあるのではなかろうか。
「まだ使える。」「もうだめだ」と。

あぁ・・・迷走日本。

| | Comments (0)

プールを歩いた男

かたつむりさんのブログよりコピペです。

プールを歩いて渡った少女 読売新聞の「窓」より

島市の女子高生A子さんは、小児マヒが原因で足が悪い女の子。
彼女の高校では、7月にクラス対抗100メートル水泳リレー大会があります。
男女2名ずつがそれぞれ25メートル泳ぐ競技です。

出場選手を決めていたときのこと、女子1名がどうしても決まりませんでした。
早く帰りたいクラスのボスは、
「A子は3年間、体育祭、水泳大会に一度も出ていない。
最後の3年目なんだから、お前が参加しろ」
といじわるなことを言い出しました。

誰かが味方してくれると思いきや、
他の女子生徒は何か言えば自分が泳がされると思い、
みな口をつぐんでいます。

男子生徒もボスに憎まれたくないから、何も言いませんでした。
そして、何と結局泳げないA子さんが選手になってしまったのです。


彼女は家に帰り、お母さんに泣きながら訴えました。

ところが、それを聞いたお母さん
「お前は来春就職するのよ。
もし、その会社で何かできない仕事を言われたら、
また泣いて私に相談するの?
そしてお母さんがそのたびに会社に行って、
うちの子にこんな仕事をさせないでくださいって言いに行くの?」

そう言ってすごく怒り、A子さんを突き放しました。

A子さんは部屋で泣きました。
さんざん泣いたあと、彼女は自分の足で25メートル歩いて渡る決心をし、
そのことをお母さんに告げました。
するとお母さんは、仏壇に向かって必死に祈ってくれました。

「A子を強い子に育ててください」


水泳大会の日、水中を歩くA子さんを見て、まわりから笑い声や
ひやかしの声が響きました。

彼女がやっとプールの中ほどまで進んだその時です。
一人の男性が背広を着たままでプールに飛び込み、A子さんの隣のコースを
一緒に歩き始めたのです。

高校の校長先生でした。
「何分かかってもいい、先生が一緒に歩いてあげるから、
ゴールまで歩きなさい。恥ずかしいことじゃない、自分の足で歩きなさい」
そういって励ましてくれたのです。

一瞬にしてひやかしや笑い声は消え、みんなが声をだして彼女を
応援し始めました。

長い時間をかけて彼女が25メートルを歩き終わった時、
友達も先生も、そしてあのボスもみんな泣いていました。

自分の弱い部分を勇気を出して乗り越えたからこそ、
励ましてくれる人が現れ、みんなが応援してくれたんですね。

この一歩を踏み出す勇気を持ちたいと思います。

| | Comments (0)

夜中から雨。
今朝は、雨のせいか蒸し暑かった。
一日中、半袖で仕事をしていました。

それでも、忙しかったので、汗が滲んできました。
この時期に、半袖でも汗をかくとは・・・。

先日、レンタルビデオを300円で借りました。
返却を忘れていて、恐る恐るカウンターへ。

延滞料1800円。
こちらは、脂汗がタラリ・・・。

| | Comments (0)

倉商米

今度の土・日に倉商マーケットが開催される。
年々規模が大きくなって、昨年は1万人の来場とか。

今年は、お米販売のお手伝いをすることになって。
小倉商業のオリジナル米。
デザインは、生徒さんがしました。
母校の元気良さには驚きです。
OBも頑張らなくては。


| | Comments (0)

POP

定食を中心にされてる食堂に配達に行ったら、とても綺麗
なPOPがありました。1枚2500円かかったそうです。
もう少し種類を増やされると言われていたので、

「少し下手ですが、わたしが作ってあげる」
と言いました。

そこの食堂は、老夫婦でされていて勉強熱心。
いつも頭が下がってる想いです。

でも、プロの写真は上手いですねぇ。
美味しそうに見えます。
なんとか、お手伝いできればよいのですが・・・。


| | Comments (2)

ケンちゃん

ケンちゃんをご存知でしょうか?
洗濯屋ケンちゃんではありません。

同年代の方ならご存知、「チャコちゃんケンちゃん」
でおなじみの「宮脇康之さん」。
今はどうしている状態の彼。

友人から彼の講演会があるからと、動員を頼まれて
かみさんを派遣。
行ってみると、講演会場はかみさん一人。

一対一でお話を聞いたそうです。
聞くほうも、話すほうもやりにくかっただろうなぁ。
一体どんなんやねん。

ピュアなかみさんは、とても嬉しそうでした。
元有名人と直接話が出来て。
彼の地獄は今でも続いているみたいだった。

| | Comments (2)

秋武政道の本

友人であり、師匠でもある「秋武政道」氏が本を書いた。
売れた!売れた!「お客様の声」で売れました!―極貧会社を激変させた「魔法のシート」活用法 (単行本)
秋武 政道 (著)

0014bfd3s

mixiより、コピペ。是非一冊買って下さい。
100冊販売のノルマがあるんです。(涙)

マイミクのみなさま

わざわざこの日記へのご訪問ありがとうございます。

今私の日記は、「出版、出版・・・」ととてもうざい状態になっていることを、お詫び申し上げます。

そして、どうしても伝えたい事があり、この日記を書いています。

実は、私は、今回のこの本を書くことが、嫌で嫌でなりませんでした。

ほんとに書くことが嫌で、不安で、恐くて、5年間もズルズルと延ばしてきました。だって、考えても見てください。消費者相手で商売をしている方で、多くの人が「自分の成功事例」をもとに、本を書いています。

しかし、その行く末は、どうでしょう?

 ・独りよがりな自慢話。
 ・お客様無視で、いかにも自分の力で会社を伸ばしたような人
 ・そして、今は影も形もない

そんな方々を見た事ありませんか?

私は、地元で店を持って商売をしている地域密着型の商いです。
もし私が、本をだして、

「鼻につく」「えらそうに」「とぼけるな!」

そう思われたのでは、せっかくここまで頑張ってるのに、もともこもありません。そうなる事が嫌だったのです。だから、ずっと出版話を、伸ばし伸ばしにしていたのです。だって、私の商売は、何百億売ったとか、日本一の年商とかには、程遠いし、むかしにくらべりゃあなんぼかいいけど、まだまだ明日が危ない経営です。

しかし、やっぱり「もし、ほんとに皆さんの役に立つのなら」と思って書きました。だって、私の周りには、たくさんの頑張ってる人がいるんだもん。そんな人にさえ、わかってもらえればいいと思いました。

 ・借金に追われ、自殺する経営者があとを立たない。
 ・赤福、白い恋人、不二家・・・大手のブランドが一気に失墜
 ・そして、私は今、街づくりを一生懸命やってますが、どうしても
  隔たりのある、行政やまちづくり団体と住民感情。

こんな、頑丈を肌で感じるに、やっぱり何かのきっかけになるのならとおもい、書かせていただきました。

この本は、私の成功物語ではありません。
私の貧乏話を、聞いてくれってことでもありません。

ただただ、明日も分からない商売、砂上の楼閣のようにもろくも崩れるブランド、いつまでたっても変わらない住民の疎外感。そんな事を、日々考えて行動してる人対する、「がんばりましょう!」ってメッセージのつもりです。

ていさいは、「お客様の声」をテーマにしたビジネス書ですが、いろんな方に読んでもらえると思います。
おとといは、私の近所の小学5年生が一生懸命読んでくれてました。

人生には色々な壁がある。

一生懸命頑張っても、どうしても出来ないうまく行かない事もある。でも、諦めちゃダメ。へこたれちゃダメ。何とかなる。きっと何とかなる。だから、一緒に頑張ろう。もうちょっとだけ、がんばろうよ。ッて気持ちで書きました。

だから、マイミクさんにお願いです。

ぜひ、この本を、いろんな方に紹介していただけませんか?

頑張ってる人。
応援したい人。
あなたの大好きな人に読んでもらいたいのです。

あなたのマイミクさんやコミュニティで、くれぐれも「差し支えない程度」で、ご紹介いただけるととてもうれしく思います。

言葉足らずで、でも長文で、申し訳ないのですが、

今、amazonキャンペーンやってます。

今すぐ、こちら↓からどうぞ。

http://akitake.jp

                            秋武政道

| | Comments (2)

夫婦の会話

少しの間、夫婦をやっても、お互いに理解しあえない
こともある。

どうして、○○なんだろうって。

これは、お互いの結婚前の生活環境や思考による違い
であろう。
友人でも、たまにある。

たんに「違い」と受止めれればよいのだが、簡単には
行かない。

今日、ふと思った。
相手が、日本語のような外国語を話しているんだと。
日本語と中国語では、ある程度は理解できても、会話に
ならないだろう。

この場合、自分が相手の言葉を学ぶか、お互いに第三国
の言葉を学べばよい。
第三国の言葉とは、過去の延長で考えるのではなく、新し
い目標を作ることである。

価値観の違いは、新しい価値を共有すること。これも一つ
の方法だろう。

| | Comments (0)

夢列車

朝、6時前からかみさんの走り回る音で目が覚めました。
かみさんと子どもたちは、ある団体のキャンプに参加。
みんなを見送った後、掃除・洗濯・食器の洗物。
なんちゃって。

午前中は、校区のふれあい祭りで野菜販売のお手伝い。
うちの校区はイベント好き。おかげで高齢の会長さんたち
はくたびれている。でも、近所づきあいが無くなってきてい
る世の中。顔見知りが増えて、いいもんだ。

お昼からは、お米屋さんの集まりが来年開催されるので、
その打ち合わせに博多へ。内容や会場・懇親会場決めに
歩き回りました。普段歩かないのでヘトヘト。
shakeさんがいるので、こちらは大船に乗った気分。

帰りは久しぶりに特急に乗りました。
小さい頃、特急は憧れの乗り物。贅沢だったんです。
普段は博多-小倉は新幹線で移動ですが、特急は小旅行
気分。流れる風景を見ながら、疲れからか睡眠。

目が覚めたら小倉。今度は家族で特急に乗りたいもんだ。


| | Comments (4)

1000円カット

散髪に行きたかったけど、時間がとれずに見つけた
のがスピードカットのお店。
配達の途中で、初めてカットしてもらいました。

まずは、自動販売機でチケットを購入。
席に着くと、まず霧吹きで髪をぬらしてカット。
カットの時間は8分程度。終わるとドライヤーでカット
した髪を吹き飛ばしてクシを入れて終了。
店内に入って10分間。

散髪に行ったのやら判らない髪型だけど、まぁいいか。
外見じゃないよ。中身だよ。

| | Comments (0)

思い出ぽろぽろ

昨晩、テレビでスタジオじぷりの
思い出ぽろぽろがありました。

主人公が自分探しの旅に出かけ、そこで出会った青年と
農業を通じて恋に落ちるという内容です。

これは、当店が扱っている「遠藤五一」さんがモデル。
遠藤さんに以前聞いたところ、奥さんとの出会いは映画
とは違うようでした。

今年の新米は、11月になる予定。
新米にあわせて欲しかったなぁ。

| | Comments (0)

指揮者

オーケストラには色んな楽器から成り立っている。
トランペットにバイオリンの音色が出るわけが無い。
一つ一つの楽器には、個性があり特徴がある。

オーケストラで演奏をするとき、自分が自分がとなると
滅茶苦茶な仕上がりになるであろう。
指揮者は、それぞれの個性を生かして、最高な状態
に持って行くのが仕事だろう。

組織のリーダーというのは、指揮者に似ている。
色んな個性の人たちがいて、それぞれの人たちが全体と
調和しながら、最高の形で仕事をできるようにする。

そんなことをふと思った。

| | Comments (0)

子犬

小さい頃、子犬を飼っていた。
その子犬は凄くきまぐれ。

淋しいときはやってきて甘える。
時々こちらから行くと、噛まれたりひっかかれたり。
でもその子犬はかわいくて仕方が無かった。

そっと見守っていたほうが良かったんだろうね。
かじやのぼる

| | Comments (0)

ネコ鍋

友人のMIXIで見つけました。
ネコ鍋

冬はやっぱり鍋?
shakeさん。どう?

| | Comments (4)

DVDプレイヤー

友人の和夫くんからDVDプレイヤーをもらった。
車にはカセットしか無かったので、前から欲しかった。

FMトランスミッションを用意すると、今度からCDが
聞けるようになる。

長距離運転の時、退屈していたのだがこれで音楽三昧
できるだろう。
好きなのは、サザン・エンヤ
これにかみさんが友人と借りてきた徳永英明が加わる。

子どものサッカーの試合で、待ち時間も映画鑑賞でき
とても嬉しかった。


| | Comments (2)

さぶ~

夜明け前、あまりの寒さに目が覚める。
毛布を蹴飛ばして寝ていた。
毛布を出したのが、三日前。それまで夏のガーゼ布団。

今日、道行く人を見ると

半袖

長袖

マフラーを巻いている人とさまざま

普段寒がりなわたしは誰よりも早く薄手のジャンバーを
着用。友人のS君に笑われることシバシバ。

今年は決めている。Sよりも先に長袖にしないことを。
こっそりとカイロでも入れておこうかなぁ。

それにしてもようやく、日中は涼しくなりました。
今年の紅葉は、12月とか。本当かなぁ。

| | Comments (0)

稲刈り

熊本県菊池市に稲刈りに行ってきました。
本当は来週開催の予定でしたが、ウンカの大発生で
急遽早めたのです。

午前7時スタッフ集合。
総勢52名で7時30分出発。
約2時間30分ほどで現地到着。
現地では、博多の納戸くんと合流です。

腰痛と四十肩に気をつけながら稲刈り開始。
汗ばみながら、1時間みっちりと行いました。
小さな子どもたちも大奮闘です。
Img_1081

Img_1084

その後、特栽培米部会婦人部のお世話で、恒例のバーベキュー。
Img_1085

菊池のみなさん大変お世話になりました。
帰りには温泉に入り大満足で帰路へ。
ケガもなく大変楽しい一日でした。

| | Comments (0)

一生繁昌米

お客様からギフトの注文をいただきました。
こちらが提案した、「一生繁昌米」です。
これに赤米をセットして、紅白祝い米。

一生繁昌米は、「一升半升」2.1k入り。
ギフトで使われてみませんか。


| | Comments (2)

残念

ホークス負けた。
残念。

| | Comments (0)

手品

久々に家族揃ってお出かけ。
博多にいるかみんさんの友人のところに行ってきました。

6時から、キャナルシティーへ。
下の息子はポケモンセンター。
上の息子とかみさんは、スポーツ店へ。

わたしは、いつもの手品の店へ仕入れに。
今回も数点ゲット。

目の前で見せてくれて、どのグッズが良いかを判断。
買ってから、がっかりすることもしばしばあるのですが、
これもご愛嬌。

わたしがいつも買うのは、小さくてポケットに忍ばさせ
られるものが中心。
しっかりと練習しないと、ネタがばれることも。
会話も大事な要素のひとつ。

今晩はこっそりと練習しよう。


| | Comments (2)

同窓会・総会

高校の同窓会・総会がありました。
今年は当番幹事なので、半年前くらいから準備等に
追われようやく本番です。

おおきな大会は、前日までの準備に比べたら当日は
勢いで流れて行きます。今回は、予定より多くの参加
で、テーブルが足りないハプニングがありましたが、
スタッフの英知で乗り切りました。

和夫くん。あっちゃん。ブー。わがままばかり言ってご迷惑
かけました。

ようやく大きな行事が終わってほっとしています。
まだ、最後の収支報告が残ってますけどね。


| | Comments (2)

夕涼みコンサート

校区の中学校・小学校2校の夕涼みコンサートがあり
ました。

メンバーは、女性5名。ボーカル、ピアノ、フルート、
シンセサイザー等の演奏によるコンサートでした。

話術も豊富。歌声にも魅了されて、久しぶりに癒された
感じです。
グループ名は「オルゴール」
素敵な小箱を開けるとかわいい音色。
安田姉妹のような歌声は心に残るひと時でした。


| | Comments (0)

弥生ちゃのバー

名前が無くて、看板も出ていないショットバーに友人のKに連れて行かれました 
 カウンター8席 ボックス席 1席 10坪くらいの、新旦過にある昭和の初期に出てくるような店で、外から見たとき、誰もお客様はいませんでした・・・が 30分もすると満席に ・・・
 怪しい・・複雑な店で、男2人でピザを食べクダをまいていました
 カウンターの中にはちょっと無愛想な女の子が、手際よくお客様の注文を聞いて何種類も一度に作り、グラスやお皿の後片付け。 見ていると、いくつも手があるように見えました
 注文を受けて、生地をこねて 焼くピザはとてもおいしくカクテルと相性もバッチリ。 古ぼけた裸電球の下で、ピザをオーブンで焼き食べる店は なんとも赴きがありました

店主の弥生ちゃんは、ただ今妊娠中。
年内で店を閉めるそうです。残念。

Kくん。パクリました。ありがとう。

| | Comments (2)

気分転換

新米が続々入荷しているが、今年のお米もなんだか
物足りない。米屋の正月というのに、気が重い。

おまけに気分が沈む出来事がアレコレと。

今日は、何でもない電話が一本。
その人の声に救われた。
何でもない会話だけど、気分は日本晴れ。

明日からまた、頑張るぞ。

| | Comments (2)

« September 2007 | Main | November 2007 »