« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

年度末

今月は、決算月。
ある意味で、大晦日と同じです。
商品の棚卸。月末の請求書作りとしながら、一年間を
振り返っていました。

私のような年齢となると、転職は難しい。
どんな棘の道であろうと、進む道はこの道しかあらず。
我この道を歩く。

世間の景気回復は、まだまだ遠いが、お客様の中でも
売上を伸ばしている店は何件もあります。

明日から、新年度。
心新たに、頑張るぞ。

| | Comments (0)

満開

あっと言うまに、桜が満開。

皇太子さま、十二指腸にポリープ(読売新聞)
 宮内庁は30日、皇太子さま(47)の十二指腸に定期健康診断でポリープが見つかり、折を見て内視鏡で切除することを明らかにした。

 ポリープは良性で、大きなものではなく、公務に影響はないという。
[読売新聞社:2007年03月30日 15時26分]

ストレス?


| | Comments (0)

検診

今月に入り、からだの調子が絶不調。
食欲も無くなり、覚悟を決めて病院に行ってきました。

心電図・レントゲン・エコーととり、ここまで問題なし。
いよいよ最後の難関。胃カメラです。

何度もやっても、苦しくてたまりません。
今回、看護師さんがぴったりからだを寄せてくれ、優しく
背中を撫で続けてくれました。

地獄の中の天使でした。

結果は、「立派な十二指腸潰瘍です。
もう少しで、食事が取れなくなるところだった」
とのこと。腫れ上がって詰まる寸前だったとか。
おおごとになる前でよかった。


| | Comments (6)

ターバン野口

朝刊に、千円札を使って「ターバン野口」のことが紹介
されており、画像を見ながらやってみた。

何回か、トライしたけど不器用な私は出来なかった。
誰か、出来たら教えて下さい。

Tqnoguchi

| | Comments (0)

風邪の日曜日

昨日から、かみさんと息子たちは大阪に遊びに行って
います。あいにくの天気でかわいそう。

私は、昨日の昼から風邪が本格的になってきました。
昨夜は早めに寝て、睡眠たっぷり。

今朝は、からだがだるい中、掃除と洗濯。
すっかり部屋も綺麗になり、からだを動かしたせいか
風邪もかなり良くなった感じ。

お昼は久しぶりに吉野家へ。
以前のオレンジを基調とした、ファーストフードの店から
しっくな和風の店に変わってました。

食したのは、牛丼大盛り。
まだ、本調子ではないので、あまり美味しく感じなかった。
今日はゆっくりしておこう。

| | Comments (0)

ホームページ

昨年の初めから、ホームページのリニューアルを考えて
いました。予算が無いので、手作りにしようと。頭が悪い
ので、HTMLが苦手。ずっとそのままにしていました。

最近になって、ホームページからの問い合わせ・来店が
目立つようになりました。とどめは、静岡のK師匠が来福
の折り、熱く語ってくれたことです。

ただ今、ブログによるホームページを作成中。
K師匠ご指導よろしくお願いいたします。

| | Comments (0)

和希

昨日、夕食の時の会話

息子、和希小2に
私「学校の昼休み、誰と遊びよると?」

息子「一人で遊びよる」

私「一人で何しよん」

息子「散歩」

私「・・・・・・・・。友だちおらんのかぁ」
親に似て、不可解な行動をする息子であった。

| | Comments (0)

Hp01_4

| | Comments (0)

春分の日

久しぶりの祭日。待ちに待っていた祭日。
朝からゆっくり、たっぷり仕事が出来る。

と、思っていたら配達の電話が結構ありました。
午前中はもっぱら配達。昼からは、石抜き・精米と働き放題。
全てが終わったら、足腰ガクガク。

昼食は、和田まーくんと「おやじの会」立ち上げの打ち合わせ。
彼は、代表的・古典的な九州人。
豪快にて、人を魅了する力を持っている。

また、彼の奥さんも素晴らしい。
見ていたら、まるで芸人の妻。
来期のPTAは、楽しくなりそうだ。

| | Comments (0)

日曜日、サッカーの試合があるというので息子を連れて
中津の手前まで一時間半かけて行ってきました。

結果は三戦全敗。しかも息子が出たのは、一試合の前半
だけ。三試合目は副審をしていました。

将来、プロに行くといってずっとサッカー漬けの毎日。
小さい頃から熱中できるものがあって幸せです。
最近は、夜九時位に練習がしたいと言って困らせてます。

何事もにもチャレンジする気持ちをいつまでも持ち続けて
欲しいものです。


| | Comments (0)

卒業式

小学校の卒業式でした。
卒業生15名。いつもながら人数が少ない分、感じるものが
多くて良い卒業式でした。またもや亡備録。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
そして、保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

本日の、このよき日を迎えられた喜びは、卒業される皆さんのたゆまぬ努力の結果であることは勿論でありますが、今日に至るまで、温かく見守り支えて下さった保護者の方々をはじめ、ご指導下さった諸先生方、また、地域の方々など、多くの方々の限りないお力添えがあったことにほかなりません。

さて、卒業という晴れの舞台において、あなたたちにメッセージを贈りたいと思います。
誰しも、一度きりの人生を、「幸せになりたい」と願っていることと思います。
幸せは、必ずやってくるのです。ではどうすれば幸せになれるのでしょうか。それは心の中のスイッチを「自分は必ず幸せになりたい、良い人生にしたい」と思うことから始まります。

なぜ心の中から始まるのかと言うと、皆さんの周りに、すぐに「出来ないとか、無理だ」とか言う人が多くいませんか。その人たちは、自分が思ったり。口ににしている言葉通りの人生になったりしているのです。

そういう人たちは、魔法のスイッチを自分の人生を不幸にして下さいと、押し続けているのと同じです。そうすることによって怖いのは、悪いことが悪いことを連れてさらに不幸になるのです。
だから逆に、このスイッチをどんなときもプラスモードにして、「良かった」とか、「自分にとって意味のあることなんだ」と思うようにすればいいだけなんです。

そこで、この魔法のスイッチの入れ方の秘訣をお教えいたしましょう。
目の前に現れた現象すべてに対して、特に一見不幸に見える事柄に対して、良かったと言葉を発することです。思うだけではなく、言葉で言ってみてください。例えば、転んでケガをした時、「骨が折れないで良かった」とか、風邪で高熱が出てしまったら、「この熱のお陰で、からだの中にある悪い細胞を熱のチカラでやっつけられる」

そうやっていると、宇宙は何でも倍にして返してくれるから、良いことはさらに良いことを連れてくるのです。
魔法のスイッチはみなさんの心の中にあります。いつも良いスイッチを入れ続けて下さい。

甚だ簡単ですが、保護者を代表してお祝いの挨拶といたします。
平成19年3月16日


| | Comments (0)

収穫祭

1月から、忙しさと日曜度の用事でついに、からだがパンクしました。
仕事が終わると。身動きできないくらいダウン。食事もほとんどできず。

昨日、愛する○美ちゃんから、涙が出るくらいの嬉しい手紙と、病院
での点滴がきいたのか、今日はかなり良くなりました。

拝啓。納戸くん。
忙しいという言葉は使ってはいけないので、収穫祭と言います。
お客様が沢山来て下さることは、まさに収穫祭。

農耕的商売は、種をまき。草取り・肥料を与え、そして収穫を向かえ
ます。

狩猟的商売は、つねに獲物を探して獲得する。どちらが良い悪いで
はなく、自分にあった商売をすればいいでしょう。

農耕的商売で言うと、今の売上は一年前の結果となります。
一年前、何をやったか。そしてそれが今に繋がっている。

種をまき、除草・肥料を与え、そして収穫を迎える。
そしてこれらは、常に同時に行わなければなりません。

春野菜・夏野菜・秋野菜・冬野菜と、年中収穫したければ、常に
育てないとね。

売上の多い店とは、お客様の支持率のある店。
儲かっているいる店は、その結果なのです。

今の売上に悲観すること、有頂天になることもありません。
お店は、ずっと続けていかなければならないから。
今が悪くても、お客様を育てていく。

お客様に必要とされる店にして行く。
あなたの仕事は、お客様に必要となる店にしていくことです。

一緒に頑張ろう。

| | Comments (0)

片山さん

今回、わざわざ静岡から来られた、片山米店の片山岳彦さん。
米屋業界でわたしの尊敬し、敬愛する一人。

産地との取り組みやネットを生かしてのこれからの経営など
片山ワールドをたっぷりと聞かせて頂きました。
彼が凄いのは、謙虚さと素直さ。そして常に革新して行く姿。
私に無いものばかり。心から惚れ込んでいる人です。

その彼から、当店のホームページを作ってくれるという素晴らしい
お土産をいただきました。


今回、彼の奥さんも私に会いにわざわざ九州に来て下さいました。
二人きりのデートはならなかったけど、夫妻で門司港を散策
出来て最高の思い出になりました。写真を撮り損ねたのが
大失敗。また、遊びに来てください。

| | Comments (0)

幕内秀夫さん

お米マイスター九州会議があり行ってきました。

今回、「ご飯食の素晴らしさ」と題して、幕内秀夫さんが講演。
子どもたちの健康のために、ご飯食が大切と力説して頂きました。

■■■ 食生活改善の10ヶ条 ■■■
①ご飯をきちんと食べる
 ご飯は食生活の土台です。きちんと食べることが大切です。きちんと食べないと甘い菓子類やジュース類などが欲しくなります。また、ご飯を主食にすれば、副食も季節の野菜や魚介類などよい内容になります。
 パンの常食は避けてください。パンはよほど選ばないと砂糖や油脂類だらけのお菓子のうよなものです。しかも、イーストフード、乳化剤などの食品添加物の心配もしなければなりません。副食も季節に関係なくサラダ(ドレッシングかマヨネーズ)、目玉焼き、ハムエッグなど油脂類だらけになってしまいます。パンはせいぜい日曜日の朝程度にしたいものです。

②液体で満腹にしない
 赤ちゃんは、歯がないからオッパイ(液体)で満腹にするしかありません。しかし、歯がはえたら食べ物はきちんとかんで食べることが大切です。かむ必要のない液体で満腹にすることはよくありません。炭水飲料水、乳酸化飲料水、ジュース類、スポーツ飲料、牛乳などはやめましょう。また、このような飲み物を飲んでいると食事がとれなくなってしまいます。飲み物は、水、番茶、ほうじ茶、麦茶、薬草茶、緑茶などカロリーのないものにしましょう。

③未精製のご飯を食べる
ご飯は、胚芽米、分づき米(7,5,3)、玄米など未精製の米を常食しましょう。胚芽米はやや白すぎる感もありますが、家族全員で食べやすいのがよい点です。もちろん、電気炊飯器で炊く事ができます。分づき米は、3,5,7と白くなります。(白米は10)精米機のおいてあるお米屋さんに注文すれば精米してくれます。電気炊飯器でも炊くことはできますが、美味しく食べるには圧力鍋で炊くことになります。家族全員で食べ続けるにはやや難しい面があります。また、米に雑穀や麦類などを入れるのも大変よいことです。いずれにしても、家族全員で食べられるものを常食しましょう。

④白砂糖の入った食品は食べない
白砂糖、異性化糖(ぶどう糖果糖液糖)などの入った菓子類(クッキー、ケーキ、アイスクリームなど)、飲料水(乳酸菌飲料水、炭水飲料水、清涼飲料水など)極力食べないようにしましょう。料理に甘味をつける場合も白砂糖は避けて、黒砂糖、日本酒、みりん、ハチミツなどにしましょう。ただし、黒砂糖やハチミツなどは使い過ぎないようにしましょう。

⑤副食は季節の野菜を中心にする。
副食は季節の野菜、海藻、いも類を中心にします。動物性食品よりも多く食べるようにしましょう。春は、セリ、ウド、フキ、ワラビ、筍などどちらかといえば「アク」の強い野菜。夏は、うり、きゅうり、トマト、レタスなど水分の多い野菜。秋は栗、いも、米、麦、きのこなどを中心にします。冬は、レンコン、にんじん、里いも、ごぼう、大根など「根葉」を中心にしましょう。季節に関係なくサラダ(生野菜)ばかりというのは好ましくありません。

⑥動物性食品は魚介類を中心にする。
動物性食品は魚介類を中心にしましょう。魚介類の選び方は、色(白身、赤身、黒味、青み)で選ぶのではなく、値段で選ぶのが賢明です。一般に高価な魚ほど薬漬けの可能性が高くなります。安い魚に薬を与えてまで養殖する人はいません。安い魚ほど安全性は高くなります。
その他、動物性食品は卵程度にしましょう。肉類や食肉加工品(ハム、ソーセージ、ベーコンなど)は極力減らしましょう。

⑦揚げ物は控えめにする。
現在の食生活はあまりにも油脂類が多すぎます。てんぷら、フライなどの揚げ物類はできるかぎり控えましょう。油脂類は炒め物、ドレッシングくらいにしましょう。

⑧発酵食品をきちんと食べる。
味噌汁、漬物、納豆などの発酵食品を常食するようにしましょう。特に、ご飯、味噌汁、漬物という「食生活パターン」は最高の組み合わせです。味噌汁は食塩水ではないし漬物は塩のかたまりではありません。むしろ、乳酸菌のかたまりと考えるべきです。これほど素晴らしい整腸食品はありません。できれば、きちんと発酵した質の良いものを食べたいものです。

⑨できる限り安全な食品を選ぶ。
神経質にならない程度に、できる限り安全な食品を使うようにしましょう。
せめて、調味料くらいは良いものを使いたいものです。 

⑩食事はゆっくりとよくかんで
食事はゆっくりとよくかんで食べる習慣をつけましょう。口の中に食べ物が入っている時は、飲み物は控えましょう。噛むことは、食べ物を細かくすることだけではなく、歯茎を丈夫にしたり、脳の血流をよくしたり非常に大きな働きをしています。楽しい食卓も忘れずに。
                         粗食のすすめ 幕内秀夫より

参考に

学力は家庭で伸びる  陰山英男 より
10年ほど前になります。子ども達の体力にやや不安を覚えた時期がありました。そこで学校ぐるみで生活アンケートを取りはじめたのです。回答結果に私は驚きました。まず、朝ご飯のメニューです。パン食が全体の2/3を占めていたのです。都市部なら驚くにあたいしないでしょうが、以前私の勤めていた学校は、山合いの農村地帯だったからです。
しかし、栄養士さんに話しを聞くと、朝はパンよりもごはんのほうが腹持ちがよく、栄養面でも優れていると聞きました。平成14年、広島県の教育委員会が実施した調査によると、朝ごはんをきちんととる子は、とらないに子比べて成績もよいしいあ決果が出ています。別な学校の調べでは、一食あたりの摂取食品数が多い子ほど成績が上位であることがわかりました。要するに食卓が豊かであれば成績もよいということです。朝食は体の栄養面だけでなく、子どもの心にも深く影響するように思います。
子どもにきちんと朝食をとらせてください。私は、ごはんとお味噌汁をおすすめしますが、しかし何を食べるか以前に朝食をしっかりとることが先決です。朝しっかり食べるためには、運動不足を解消し、早寝早起きの規則正しい生活を送ることが大事。夜更かしをすると、朝起きるのがつらくなるだけでなく、食べ物を受け付けられなくなります。まずは、朝食をきちんととる習慣をつけることが健康的な生活の第一歩です。
子どもの生命力を支えるのは家庭です。中でも食生活は基本中の基本。一日の原動力となる朝ご飯を大切にしていただきたいと思います


ちなみに写真右が幕内さん。左がわたし。
兄弟ではありません。
それにしても二人とも疲れきっている。

| | Comments (0)

誕生祝い米

静岡のみうらさんから、宿題をもらっていてやっと完成
しました。赤ちゃんの出産にお返しのギフトです。

今まで、米袋に直接印刷していましたが、頂いてもその
後が困るということで、別途印刷しました。
おくるみを着せて、箱入り息子です。
もちろん。出産時の体重と同じ量の米が入っていてその
重さを体感できます。

色々と書きたいのですが、ここはインターネットの苦心の
しどころ。あまりに手の内を話しても、すぐに真似をされ
る商材。詳しくはお問い合わせを。

と、言ってもここまで話せば・・・・。

みうら君。片山さんに預けとくからね。
片山さん。荷物になるけどもって帰ってね。
CDを忘れんように。

明日、○美ちゃんに会えると思うと眠れんかも知れん。


| | Comments (4)

ラッキー

米卸しから、価格表が送られてきました。
夢ごごちが、相場より1俵3000円以上安い。
値段の間違いかと思い確認すると、この値段で大丈夫と。

夢ごこちが好きなしんご君に転売しようかと思う位の値段。
こちらで、夢ごこちを知っているの米屋はほとんど無い。
市内で扱っているのも、当店くらいだろう。

この情報を仲のよい友だちに教えながらも半信半疑。
とりあえず、一袋仕入れ試食。やはり夢ごこちの味。

友だちと全量仕入れ、思わずニコニコ。
出所を聞くと、ある商社が支店閉鎖のため処分したとか。

価値を知らないため、儲けそこなった我が卸し。
お陰で美味しいお米をお客様に提供できる。

| | Comments (0)

疲れた

昨日は久々に用事が無く、子どもたちにせがまれて競輪場の芝生
公園にサッカーに行きました。子どもたちと遊ぶのも数ヶ月ぶりです。

ポールを立ててミニサッカー場を作りゲーム。5分間やっては10分の
休憩。からだが言うことききません。子どもたちからブーイングが出て
きたところ、中学生が代わりに遊んでくれました。

子どもたちが疲れて、帰るころに米卸しを定年退職されたmさんに
バッタリ。相変わらずの彼の挨拶。
「米・売れんやろ。スーパーで安く売りよるけのぉ~」
「米屋・やっていけんやろうがぁ」

彼と会うたびにこの挨拶をされ、気分がめげるわたし。
「最近、調子いいんよ」と言っても
「嘘をつけ。そんなはずは無い」と決め付けられる始末。

今度、彼を見つけたら逃げよう。

| | Comments (0)

燃える男たち

門司港に配達に行ったら、バッタリとバナナマンこと秋武政道と
会った。彼の風貌は妖気が漂うほどだが、その街づくりにかける
情熱は凄い。今や門司港に無くてはならない男になったみたいだ。

そんな彼が今度、焼きカレーを作るらしい。もちろんバナナを使った
焼きカレー。作る前から、マスコミにリリースしたとか。
大丈夫かよ。

昨夜は、小倉北区PTAの集まり。
二次会・三次会で、和田まーくんやヒゲの村上さんの熱き思いを
聞き関心。あんたたちがもっとPTAをひっぱらんといけんよ。
鵜匠にならんで、鵜になって魚を捕まえてこんとね。

私の今のポジションは、米屋の主が気にいっとる。
まーくん。来期は期待しとるよ。
こんなんどう?

| | Comments (0)

根を養えば

根を養えば 樹は自ずから育つ
根が大事とは、土が大事

■土作り
美味しいお米を育てるには、土を耕すことから始まります。米作りは、土作りとも言われ、米の出来はほとんど土作りにかかっていると言っても過言ではありません。

■種まきの時期
どのような作物でも、どのような米の銘柄を作りたいのかによって、種の種類や種まきの時期が違ってきます。
人間においても、種まきの時期が大切です。昔から「立志」と言い、12才頃から志をたてると良いでしょう。まいた種がそのように稔ります。

■肥料
植物に肥料を与えるのは、植物自体が肥料を吸収するのでなく、土を肥えらせ、その土に含まれる栄養素を吸収するのです。
肥料は、やりすぎてもダメ。少なすぎても良くありません。肥料は穂の出る時期までです。もっとも、土作りがしっかりしていれば、肥料は必要ありません。

■除草
除草は、やっかいな作業です。しかし、除草をほおっておくと、お米に他の草から栄養を取られたり、他の草の種が混じったりします。
子どもにとって お父さんお母さんが土。お父さんお母さんの 生き方が栄養それを吸う根っ子が 子どもが伸びようとする力になります。

幹を遠くから見た姿が「見かけ」大事なものは 幹の中を流れているもののこと根そのものです
根を張らない樹は 大きくなって倒れます

| | Comments (0)

風邪かなぁ

昨夜から寒気がします。忙しさもピークを終え、ほっとした
せいでしょうか。背中にカイロを2枚。いつもだったら動いて
少し汗ばむのですが、今日は寒い。

睡眠をたっぷりとろうとしたのに、今晩も用事が出来て遅く
なってしまいました。ただ今23時を回ったところ。まだ晩飯
を食べていません。腹減ったなぁ。家に帰って食事がある
かなぁ。もう寝てるかも知れない。

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »