« 実践あきない塾 | Main | 無心 »

ハチドリのひとしずく

「ハチドリのひとしずく」 
森が燃えていました
森の生きものたちは
われ先にと逃げて行きました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは
いったりきたり
くちばしで水のしずくを
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました
「私は、私にできることをしているだけ」

南米・アンデス地方の先住民族に伝わる民話で、この話で地球
温暖化に対し、「一人ひとりが出来ることをやろう」というメッセージにも読めるということで全国に広がっているそうです。
          

|

« 実践あきない塾 | Main | 無心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践あきない塾 | Main | 無心 »