« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

大晦日

今年もあと数時間で終わろうとしています。
年々、お正月を迎えられることのありがたさを味わってます。

ただ今九時。紅白歌合戦も見ずに、かみさんと請求書作り。
そして、年賀状作り。印刷を一生懸命してます。
お正月は、年賀状書きと宿題が待ってます。

お正月は、自分の棚卸し。
何をするか、色んなものの棚卸し。
人生・家族・健康・趣味・財産・遊び
色んなものを見つめなおしてみよう。

今年一年。大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
   かじや のぼる

| | Comments (0)

疲労回復

期待していなかった今日の配達。
朝から、嬉しい誤算。疲れ果てて、ユンケルをぐびっと。
単細胞なわたしは、効き目バツグン。

以前は、忙しいと腹を立てながら配達。
今は、ありがたや・ありがたや。

ラジオで。昨日から11連休の人もいるとか。
働かんかい。
ちょっぴりうらやましい。

残りあと2日。ケガをせずやって行きたい。
一週間ほど体調を壊して寝ていた息子もやっと回復の
兆し。正月は、楽しく過ごせそう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

雪が・・・

雪が降りました。
とても寒かったようです。
今日は、本年最後の8の日。忙しかった。
冷たい風が、心地よく感じました。

ピークが今日なのかと思うくらい。
昼飯食えず。ようやく全ての仕事が終わりました。
ただ今22時。心地よい疲れです。ありがたいことです。
毎日、こんなんだったら嬉しいなぁ。
蔵が建つなあ。

しかし、年賀状の作成まだしていない。
博多のおいしゃんの写真でも載せようか。
イノブタになっていそう。
Inobuta_1

私の大好きな師匠です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

廃業

あるお米屋さんの前を通ったら、いきなり呼び止め
られました。

「近々、廃業するのでお客様を買っていただけないだろうか」
と。
いきなりの話で驚きです。

金額は、かなり無茶な額。
到底買えるわけないと内心思いつつ、今度具体的に売上の
内容を教えて下さいと、急いでいたので配達にまわりました。

100件のお客様を受け継いでも、歩留まりはどのくらいでしょうか。
経営者が変われば、かなり逃げると思われます。

次回、うかがったときに帳簿を見せていただき、見積もりを提示
してみよう。足元を見るつもりは全く無いが、採算も考えないとね。

同業者の廃業は、悲しいです。
小さくても、生き残るように頑張らなくては。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

一生繁盛米

毎年、妙見神社さんから正月の福引きのお米の注文を
いただきました。

梶谷特選の一生繁盛。一升半升2.1kg入り。
お米は、神々の国。島根出雲地方のお米です。

梶谷特選だから、当てた人は御利益あること間違いなし。
あなたも、お祝いの時にいかがですか。

息子が風邪をひき、小児科に行ったら家族にうつるので
薬をもらいに行った方がよいとのこと。

その病名は、なんとかプラズマ。
病院で、
「息子が風邪をひいたので、なんとかハイビジョンの薬を下さい」
とわたし。
先生は、意味不明の顔。

電話で確認すると、なんとかプラズマ。
病院で大爆笑されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メリークリスマス

大切なあなたに、メリークリスマス。

今日はgood dayでした。
生涯、大切なあなたに。

メリークリスマス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日一日

朝、7時起床。

のはずが寝坊して8時に起きてしもうた。
慌てて食事を取り出社。出社と言っても隣だが。

8.30 門司港に向けて配達。
連休なのか、車が少ない。
午前中のルート納品が終わり、精米開始。

のはすが、来店・配達と以外に注文が多かった。
精米をしながら、配達に行ったりと普段より忙しい。

それに加えて、お歳暮配り。
お世話になった方々へ、宅急便でも何件かに。
shakeさん。明日、小倉に来たらクリスマスプレゼント
あげるよ。こんね。

店の掃除をやるつもりだったが、出来ないまま。
年々米の重さが増えてきているようだ。

外で働いていたときは、一月が10日位だったらいいと
思っていたが、最近は同じ経費で一月が60日くらいあれば
嬉しいと思う。

明日は、からだを休めて経理業務をするとしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さんた 苦労す

もうすぐクリスマス。
小5と小2の息子たちは、いまだにサンタの存在を信じて
いるみたいだ。
今年のプレゼントは、ニンテンドーのDSライトと自転車。
奥さんは、自分でハイビジョンテレビを予約していた。

おいおい。そんなに使って大丈夫なの?
私へのプレゼントはあるのかなぁ。
せめて、ゴムが伸びたパンツを買い換えて欲しい。


ところで、サンタクロース追跡システムというのがある。

北アメリカ航空宇宙防衛司令部 (NORAD)は、
NORAD Tracks Santa(サンタクロース追跡作戦、サンタクロース追跡プログラム)という毎年恒例の追跡調査を行っており、ミサイル早期警戒網やレーダーを駆使して、サンタクロースの現在位置を把握・発表する。

アメリカのやることは、面白い。
ちなみに今はまっているのは、
グーグルアース
http://earth.google.co.jp/

宇宙から地球を眺めて、行きたいところへ行く。
意外と鮮明なのには驚いた。

ちなみに平壌も見れる。これは以外だった。
映像禁止区域になっていると思っていたから。
しかし、この映像では道路にほとんど車が走って
なかった。どういうことなんだろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

合気道

合気道は、自分の力ではなく相手の力を使って、倒す武道
と聞いたことがある。

人間関係も合気道のようなものがないものだろうか。
勘違いされてら困るが、相手をねじ伏せるということではない。

無茶なことや、言いがりを言われた時にこの技を使う。

お客様とお店は、主と従の関係もある。
絶対服従ということはないが、相手にきづいて欲しいときも
多々ある。
いろんな事があって、ちょっと疲れたこの二日間でした。
まだまだ、修行が足りんなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒い

昨日からやってきた寒波。
昨日は、みぞれ交じりの雨。午前中は、体調悪くて爆睡。

昼から、ウトウトしていると下の息子が映画を見たいと。
以前から言われていたので、仕方なく映画館へ。

見たのは、ブリーチ

よく判らない映画だった。
硫黄島からの手紙を見たかったんだけどなぁ・・・。

ようやく、体調も復活してきた。今晩ゆっくりすれば、明日は絶好調に
戻るかも。本当にきつかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伝説のうどん屋

門司港で、秋武氏の店を探しているときこの店の
看板が目に飛び込んできた。店名も面白かったが
うどんを愛しているかと思いきや、店頭には炊き込み
ご飯などご飯類が並べられていた。

店内を見ると、うどん屋のようであるがどう見ても、
それが主とはとうてい思えない。

恐るべし、門司港栄町商店街。
探検すれば、もっと面白い店を探し出させるような気が
する。

秋武さん。この商店街は当たるよ。
みんなで、看板に特徴を持たせればね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バナナ伝説

mixi 秋武氏の日記より
いよいよ出来た。伝説の始まり・・・
やっと、店が形になった。
しかし、今までの私からすると、皆さん想像も出来ない店だと思う。

今までも、多分これからも、私にはそんな趣味も無ければ、感性もない。しかし、今までの私と全く違う方向の店になった。

配色は、今までのじじやと同じような、褐色こげ茶がなのですが、その深みが違う・・・

アンティークッちゅううんでしょうか。
ノスタルジーていうんでしょうか?

まあとにかく、一度見てくださいな。


「何屋ですか?」

正真正銘の「バナナ屋」です。
   引用終わり

門司港に配達があっので、栄町銀天街を探し彼の店を
探した。反対側から入ったので、見つけるのに一苦労。
入り口から数件目にその店はあった。

なんじゃこりゃ。これが店なんかい。これが休憩所なんかい。
どう見ても廃墟しか見えん。
店内らしきところには、バナナが無造作においてある。

もうすぐマスコミが来ると言って、うつろな目つきの秋武氏。
伝説が化石に変わるのか?
それとも白昼夢だったのか。

あんたは、ひもの屋が一番だよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無題

人生における無常の幸福とは、
自分が愛されているという
確信である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

性格

以前、人間には三種類のタイプがあると教わった。
肥満型・筋骨型・神経型

肥満・・おおらか・のんびりしている
筋骨・・体育会系・
神経・・文字通り神経質
  だったかなぁ。岡田さんどう?

人には、それぞれタイプがあると思えば対応の仕方も
あわせられる。

長所も短所もその人なのだ。
受け入れることが、相手を認めることにつながるのであろう。

きまぐれタイプの人も、受け入れると行動が読め楽しく
付き合うことが出来る。

人にはそれぞれ特徴があり、個性となって生きている。
縁ある人たちと、その個性を生かせるように付き合いたい
ものだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

体調不良

この一週間ずっと体調を壊している。
睡眠時間をたっぷりとっても、疲れがとれずかなりきつい。

博多のおいしゃんの風邪でもうつったのだろうか。
嘔吐下痢のノロウィルスの症状なのか、胃炎なのかよく
わからない。

からだがきつくて、仕事がはかどりません。
重たいものを持つ気力が失せています。
明日は、病院に行って診察してもらうことにしよう。

広島の妹へ。いらんこと電話をしてこんように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生まれ変わったら

今日。秘密結社の集まりがあり、その中で
「生まれ変わったら、どんな人生をしたいか」
という話題になりました。

ほとんどが
「違う人生をやってみたい」と。

少数ですが
「今と全く同じ人生を過ごしたい」と。
「同じ家族で、同じ仕事がしたい」だって。

これって、今までの人生を問われているみたい。
「あなたは生まれ変わったら、どんな人生をしたいですか」


ここで思い出したのが、昔のはなし。
彼女と別れはなしになったとき
私  「今度生まれ変わったら、結婚しよう」
彼女 「人間に生まれんかもしれん」
これって、嫌われてたんだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

師匠のメルマガより

師匠田上先生のメルマガより


┃ ┃ ★「こんな商人達と、旅を」★          田上康朗
┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 つい最近までのこと。

「小さい店は大型店で全滅する」、という人がいた。
「大型店の、あの値段ではお客を取られるのは当然だ」と、商店主の多くはため
息をつきました。
 しかし、コンビニが各地に出店し始めた頃から、そんなことは誰も言わなくな
りました。

 なぜでしょうか。
 
         小さい店でも繁盛している

         安売りでなくても、売れている

 こうした事実を目の当たりにしたからです。
 しかし、もう一つ重要な事実を、私たちは確認しておくべきです。

 それは・・・・・。
 これだけ多くのお店があって、しかもあなたの店よりはるかに立派な、大きく、
値段も安い、さまざまな店があるなかで、こんなちっぽけな我が店に、たしかに
少ないのかもしれませんが、お客様がきてくださるという事実です。

          不思議に思いませんか。

          わざわざ、お金をもっていらしてくださる。

          他に、お店がいっぱいあるのに

          どこで買い物してもかまわないのに

          この事実(こと)を、考えてみたことありますか。

          この不思議に思いませんか。
 
          すごいことと思ったことがありますか

 売れない、客が来ない、それも誰のせい、彼のせいと、愚痴ばかり言っている。
なす術(すべ)がないと、嘆いている。
 自分のことばっかり考え、お客様を自分の儲けの手段と考え、心にもなく「お
客様、第一主義」などといっている人もいる。

 でも。ちなみに。
 「具体的に、お客を第一にしている事実(こと)を、ここで示してみてくださ
い」 という問いに、どれだけの人がこたえられるでしょう。
だれよりも、なにより、実際は、自分のことばかり考えている自分のことを、こ
こで気がつく人がいたら、私はその場で、感嘆の声を上げて、拍手しまうだろう。

「口は口、現実は現実。みなそうよ」という人がいたら、それが本音とは思うけ
れど、やはり落胆してしまう。

 いずれにしても、そんなお店でも幾ばくかのお客様がきてくださる。有り難い
こと。そうと思いませんか。いや有り難いとは思わなくても、不思議だな、とは
思いませんか。

 不思議でもいい。有り難いでもいい。そう感じることがあったら、次に。
「お客様が来てくださるのはなぜだろう」

 そうした問いかけを自分にしてみませんか。
商いってそうした素朴なところから始まる。私はそう思っています。

 通りかかりのお客様が、ふとあなたのお店に立ち寄る。買わなくたって立ち寄
る。そのことだって何かお客様を動かす、何かがある。それを考えてみたくあり
ませんか。

 ましてや、おそらくどこでもある品物なのに、買ってくださる。私には偶然と
はとうてい思えないのです。そのお客様が、奇特な人、慈善家とも思えないので
す。いえ、そうした風に偶然などと見逃してしまったらいけない。こんなちっぽ
けなお店に来てくださるお客様に失礼だ。
そんなあなたなら、商人はおやめなさいと、私は言いたくなります。

 一握りのお客様が来店くださって、
その中のたった一人のお客様でもいい。買い物をしてくださる。これが、文字通
り「有り難い」ことではないのでしようか。

 自動販売機や自動ドア、大型店のロボットみたいな店員とは違う。その「有り
難い」という思いが、せめてそのお客様に、何か喜んでいただきたい。そうした
思いが、言葉に、挨拶に心を込めさせる。もっともっとお客様の嬉しそうなお顔
をみたくなる。

 その気持ちが、お店の清掃にも、陳列にも、仕入れの商談にも熱意がこもる。
明日はもっと喜んでいただきたい。そういたことを楽しみに、励みに、日々の商
いに精進する。それで自分の日々の商いが楽しくてしょうがない。生きることが
楽しくてしょうがない。お客様のおかげだ。ああ商人になって良かった、と思う。

            その一里塚で、自店の決算書をみる。

 売上は、こんなに多くのお客さんに来ていただいたのか。支えられたのか、と
いう自分の誇り。利益は、こんなにたくさんのお客様が、喜んでくださったのか、
という自分への褒美。
 だから、うんと喜んでいい。一緒に苦労してくれた妻と息子と娘と、そして従
業員と、みんなで喜び合おうよ。
「今年一年、俺たち、これだけたくさんのお客様に喜ばれたか」
「こんなちっぽけなお店に、こんなに多くのお客さんが来てくれたのか」って。

自分が子供の頃に通信簿に「5」が増えたことを、早く父母に知らせたくて駆
け足で家に帰る。そんなことを思い浮かべる。成績が落ちたときはどうだっただ
ろう。思い出して欲しい。母はしかっても、父が「次に、がんばれよ」と励まし
てくれた。その逆の記憶もあるだろう。

お店の売り上げが落ちたときも、「お客様へ喜んでいただく、工夫がまだまだ
足りなかったのだ」。そう思って、みんなで精進すればいい。きっと一握りかも
しれないが、お客様だって、応援をしてくださっているはず。

 エクセルで作った円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフを難しい顔をして見つめ
ていては、一生経験できない商人の喜び、感動が、こうしたお店の、こうした商
人にはある。そう思いませんか。 美しい商人、わたしはそんな商人、こんな商
人を、美しい商人、とそう呼んでいる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

商売繁盛

お米屋さんはどこも大変です。しかし、私の周りには少数ですが売上を伸ばしている店があります。仲の良いS君は、飲食店卸しを中心に新規が絶えません。この店の特徴は、徹底してお客様を満足させること。自ら営業に行かなくても、独立した人やその店からの紹介など新規が耐えません。
旦過のNさんは、玄米とおにぎりの店。おいしいお米がコンセプト。前年比160%の伸び。

この2店は、自店の売りとお客様が誰なのかが、はっきりしています。売りは何なのか。お客様は誰なのか。なんでもありますは、なんにもない店に繋がりかねません。

酒屋の知り合いの尾池酒店さん。
http://members2.jcom.home.ne.jp/oikesaketen/oikedayori.htm
酒を売るのではなく、酒の後ろにあるものを売る。一般客でも業務用でも一切値引きをしない売り方に徹している。自店の価値が判る人だけを相手にしています。

土屋先生の「飲食店経営・集客UP塾」より
思いと売り
一言で言えばお店の重いとは売りの背景にあるもの。「思い」という形にないものを、商品やサービスや接客と言った、モノやコトといった形あるもの。つまり売りを通じてお客様に伝えることです。
http://www.up-juku.jp/index.htm
よろしければ、土屋先生のメルマガに登録されて下さい。

今週のメルマガより。
「自分の強み、一言で言えますか?」
「あなたの強み、ちゃんと伝わっていますか?」
「あなたの強みを伝えるコトバ、持ってますか?」

私もいつも言ってます。
「“売り”を明確にしましょう。」
「“思い”を伝えましょう。」
     引用終わり

この場合の売りは、自店の特徴ではなく「お客様にどうメリットがあるか」を考えなくてはいけません。とても良いものを持っていながら、伝える作業が苦手ですよね。伝わるように、もっとメッセージを出さなければと思っています。

必要とされる店は必ず生き残る。
必要とされる店になりたいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

売れん

九月末から続いた忙しさが急に止まりました。
寒くなったのに、灯油さえ売れません。
一体どうしたんだろう・・・・。

こういうときは、一休み。
ジタバタしても始まらない。

日記も、ニフティのパク゜のお陰で一休み。
しかし、ニフティもしっかりして欲しいものだ。
他に乗り換えようかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

武士の一分

日曜日、久々の映画。
最近、時代劇にはまっているので
武士の一分(ぶしのいちぶん)を見に行ってきました。

山田洋次監督による「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作時代劇の第3弾。小藩の下級武士である主人公が、妻とのつましくも幸せな生活を踏みにじられたとき、一人の男としての尊厳を懸け毅然と立ち上がる姿を描く。主演は木村拓哉、共演に宝塚出身でこれがスクリーンデビューとなる檀れい。

以前から、木村拓哉は時代劇に合いそうと思っていましたが、今回の役とはちょっとイメージが違いました。

それでも、普段からのイメージとは違い、素振りのシーンなんか凄かった。ラストシーンは、涙涙・・・。涙腺が弱いので、嗚咽が聞こえるんじゃないかと心配していました。

ちなみに「一分」とは、人が命をかけても守らないといけない名誉や面目を意味するそうです。

私の一分・・・・。ないなぁ。家族の名誉のために死ねるかなぁ。その時にならないとわからない。

帰り外は真っ暗。クリスマスのイルミネーションがとっても綺麗でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

素振り

ある人からメールが来た。
「ニュースレターは本当に集客に効果があるもしょうか?」

「○○先生が言われておりました事を続けたら成功するん
でしょうか?」

お答えします。
「そんなん知るか」

以前、知り合いのKさんから教えられた。
素振りをすれば上手くなると聞いた高校球児が
「何回すれは、甲子園にいけるんでしょうか」と。

無意味な素振りをし続けても、決して上手くならないでしょう。

成功するまでやればいいじゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dream

DreamsComeTrue
もしも雪だったら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恩送り

人に何かしてもらう
受けた恩は、次のひとに返す

恩送り
次々に繋がる、幸せの循環

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »