« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

感動を与える?

最近よく耳にするのが
「お客様に感動を与えよう!!」
という言葉です。

うちは、人に感動を与えるなんて100年早いから
せめて
「クレームを出さない店にしよう」
いや
「クレームが出たら、全力で解決しよう」
と、しておこう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

関矢健二さん

年末が近くなり、知り合いから喪中のハガキが届く。
今日、届いた一通のハガキ。
尊敬していた「関矢健二」さんの訃報のハガキだった。

上野・稲荷町にあるお店にも数回お邪魔したり、こちらにも
講演のためお呼びしたことがある。

日本酒のプロデューサーとして、半年近く酒蔵を回り指導し
商売としてのあり方も、個人的に学んだ。

セキヤ酒店さんが、経営的に苦しいとき
「セキヤ酒店を潰さない会」をお客様が立ち上げ、お客様自身が
販売していたという驚異的な店である。

心からご冥福を祈りたい
合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

正夢?

昨日、夢を見た。

家族でドライブすることを思い、行き先を尋ねられても「着けばわかる」。と答え、目的地の温泉に向かい運転している。運転しながら、自分勝手に風景を楽しみ、目的地の温泉で何をしようかと考えていた。


目的地の温泉に着くと、「ここはどこ?」とたずねられ。
「見れば判るだろう」と、無愛想な返事をしていた。


その温泉は、沢山の温泉からなっていて、私以外は珍しそうに見物していたが、私はさっさと色んな温泉を見て回り、一人「どの温泉に入ろうか」と思案していた。

「この温泉に入ろう」と思い、後ろを振り向くと誰もいない。
かなりの時間待って、やっと現れた三人を見つけ激怒。
「どこに行っていたんだ!!」

そこで目が覚めた。

普段から、かみさんに言われたことを思い出した。
「もっと、私のことを考えて」


深く反省した、まさに正夢だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたは今、ほほえんでいますか

伝えるという日記で、岡田吉生さんに頼んだ原稿を載せてます。
岡田さんと出会ったのは、20年前くらいでしょうか。全ての人間を包み込み、多くの教えを頂き私もかなり感化しました。神に一番近い人のような気がします。

彼の語録を思い出してみると
「気に入った社員・気に入ったお客様・気に入った仕事」

「楽しいこと、得意なことで、価値の有る組み合わせをし、今あるものを新しき形態をつくる」

「無人島に何か一つだけ持って行ってもよいと言われたら、岡田吉生 自分自身を持っていく。

以下、原稿を掲載
「人格で一番大切なことは機嫌の良いこと」

『あなたのお子さんは、どんなお母さんがすばらしいと思っていますか。
 1、お母さんが仕事に行く時
 2、ごはんをつくっている時
 3、お父さんと話している時
 4、お母さんが趣味の事をしている時
 5、その他
 そんな小学校のアンケートの答えに困るお母さん。
「4番かなあ」と長男。みんながサジを投げ出すころ、黙りこくっていた次男が、「どんな時でも、何をしていてもいい。一番ステキなのはお母さんの機嫌がいい時なんだよ。僕はそう思っている」―』

 ある日の朝日新聞の読者欄に、こんなうれしい記事が載っていました。機嫌の悪い人には近寄りたくもないですよね。
 機嫌が良かったのに、何かを頼もうと近づいて行くと急に深刻な顔になる人もいます。
 ニコニコしていたのに、近づくと急に機嫌悪そうにする人もいます。それはたぶんにこっちも悪いのでしょう。こっちの機嫌も関係ありです。
 せっかく上機嫌だったのが不機嫌な顔を見て落ち込んでしまうのと、落ち込んでいたのがニコニコ顔を見て元気になる、この二つの差は限りなく大きいですよね。
 人は何十年も自分の性格と付き合って来ています。変えられるもんなら変えたいという人も多いでしょう。変えられないとも思っているのでしょう。そうだとしても、大事なのはどんな性格かというよりも機嫌の良さです。いついかなる時でも上機嫌でいられたら、こんなに回りに良い影響を与えるものはありません。
 人の機嫌の悪さを問うよりもまず自分の機嫌が大事です。
(1991.5.愛環塾長)


私自身、人間で一番大切なことを色々と考えるとき、いつもここにたどり着きます。
岡田さんありがとうございました。久しぶりに声を聞けて嬉しかったです。

ほほえみグッズ
http://brother-p.com/products/goods/sce.php

社長Blog「伝道ヴァイブ」
「人格で一番大切なのは機嫌の良いこと」と言い張る印刷会社社長のブログです。
http://blog.livedoor.jp/brother_p

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伝える→伝わる

山口県の萩市むつみに、生産者とJAとの合同会議
に行って来ました。

我々も以前に比べて、取扱量がかなり減ってきてい
ます。こだわって作られた「むつみ米」は、新潟にも
負けずに美味しいのですが、我々の努力が足りない
せいで、お客様に伝えることが出来ません。

生産者の想いを伝えるのが、我々の仕事。

その想いを伝えるためにも、年に何度も会うことが必要
となってきます。

伝えるは、単に言うだけ。
伝わるは、相手の心に届くこと。

伝わるように、こちらの想いも熱くないといけません、
そのためにも、原田師匠を見習って産地を歩かなければ。

修行の旅に出るため、月曜まで日記はお休みします。
shakeさん。心配せんどって。
別に心配せんやろうけど。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

流れ

随分昔、はがき道の坂田先生に、流れに身を任せ
ながら精一杯生きると教わりました。

その時は、主体性がないとか、他人任せだとか思って
ました。

最近は、つくづくそうだと感じるようになりました。
他人任せではなく、相手の心に合わせるというので
しょうか。

自分の力ではどうしようもないことや、突然の出来事
など、抵抗しようとか、あれこれ考えるより、ただ目の
前のこの出来事に対して、何が出来るかを行動する
ようにしています。

自分のことより、人様のこと。どんなに忙しくても、これ
だけはするということを決めていると、不思議に全てが
はかどって行きます。

そして少しづつですが、良い流れになっているような気
がしてなりません。

その出来事を受け入れて行き、それに対して懸命に
取り組む。簡単なようで、難しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふくMG

毎年、12月の第二日曜に開催されていた、ふくMGが1月に
開催されます。
全国のシェア90%近くを占める唐戸魚市場松村社長のお陰
で毎年、ふくを力一杯食べています。年に一度の河豚。
あなたも参加してみませんか。

                      平成 18 年 11 月 吉日
戦略MGワンデ―コ―スのご案内
西順一郎先生が開発されたMGを、1日で体験して頂くコ―スです。
どなたでも、参加できます。ゲ―ム感覚で、楽しく営業、経理、経営を
学び、ト―タルで戦略思考・効率経営・利益志向が身につきます。
決算書、簿記、経営計画、コンピュ―タ―の苦手な方どうぞ!

<日 時> 平成19年1月 21日 日曜日
スタ―ト 9:30 ~ 18:00(集合9:20)
<講 師>  未 定
<受講料> 1人 8,000円 (お弁当代・ふく宴会・消耗品代含む)
<会 場> 南風泊活魚センター(南風泊市場内)
         下関市彦島西山町4-11-39
         駐車場有り。飲酒運転厳禁
連絡は 090‐4340‐2200(梶谷携帯)まで。 会場は、電話がありません
《持参品》 大きな電卓(ポケットサイズは不可),えんぴつ,消しゴム
<スケジュ―ル>
   9:20 受 付 開始     
  9:30 第 1 期 シュミレ―ションと説明
11:30 第 2 期 2期目ゲ―ム 前半
12:00 昼 食 自 己 紹 介
12:30 第 2 期 2期目ゲ―ム 後半 決算
14:00 第 3 期 3期目ゲ―ムと決算
16:00 ふく交流会

       主催 唐戸魚市場 松村 久
  <申込先> 事務局 梶谷 登(カジヤ ノボル)
北九州市小倉北区香春口1丁目4―11
TEL 093-921-4765 FAX 093-931-6568
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キ リ ト リ セ ン・・・・・・・・・・・・・・・・・
MGワンデ―コ―ス参加申込書
今回は、( 参加・不参加 )です。
氏名 [        ] 会社名[                ]
電話番号
会場までの地図   希望   ・希望しない   
経験期数 なし,あり( )期
お申し込みはFAXで!!
FAX 093-931-6568(事務局=梶谷まで)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

試食会

お米屋さんの会議があるときに、いつも3つの釜
で試食会を行っています。

炊き上がりは、甲乙つけがたくどれもあまり変わり
がありません。8名で試食したのですが、順位は
バラバラでした。

それぞれ特徴があるのですが、あとは好みの問題。

ただ、商品を勧めるときにどうしても自分の好みを
勧めてしまいます。

本来は、そのお米の特徴を説明し、お客様が好きな
タイプを探し出すのが仕事なんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

森 信三 三訓

森 信三 三訓

しつけ三か条
1.朝必ず親に挨拶
2.「ハイ」とハッキリ返事
3.はきものを揃え、イスを入れる


再建の三大原理
1.礼を正し
2.場を浄め
3.時を守る


| | Comments (2) | TrackBack (0)

無題

過去を追うな。未来を願うな。過去はすでに捨てられた。未来はまだやってこない。だから現在のことから揺らぐことなく。動じることなく。よく見極めて実践せよ。ただ今日なすべきことを熱心にこなせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いじめ

昨日、PTAの会長会で「いじめ」について話があった。
先日、北九州市内の小学校校長の自殺があり、PTA
として、どう対応していくかも問題として考えていかな
ければならない。

私も、小学校から中学1年までいじめにあっていた。
休み時間の度に泣かされ、休み時間が嫌だった。

両親や先生になんて、言えなかった。
しかえしが、怖かったのである。

今回「いじめ」の実態調査をしているが、安心して話せる
工夫をして欲しいと提案した。

「いじめ」は、生贄と同じである。
私もそうだった。
誰かを生贄しておけば、自分が被害を受けなくて済む。

だから、自分よりいじめられる人が出てくると嬉しくて
自分がされた分、一緒になっていじめていた。

今考えると、子どもってなんと残酷なんだろう。

命の尊さや、人を思いやること。違いなどをもう一度
伝えて欲しい。
家庭でも、伝えていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不吉な夢

久しぶりに夢を見ました。
それも不吉な夢をi二本も。

鳩が玄米ケースの中で、米を食べているのを発見。
持っていた定規で、「そ~と」叩くと、首がとれて
首の無い胴体で羽ばたき、道路に落ちてもがいてる。
頭の部分がピクピク・・・。
この頭どうしようかと悩んでた。

その二
歯がグラグラしていて、抜けた。
歯が抜ける夢は、不吉らしい。

それにしても、リアルな夢だった。
不吉な夢を続けて見たのは、災い転じて福となるという
ことでしょうか。

それとも・・・・・。
このブログが二日休んだらご用心。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

どっこもしょっぷ

かみさんの携帯電話の機種変更で、どっこもしょっぷに
行ってきました。

こちらは、インターネットで機能を調べて機種も決定して
いました。

迷子の迷子の店員さん。
何を聞いてもわからない。
困ってしまって、汗だく。

本当に勉強不足です。
自分が売っている商品の機能を知らないんですから。

お客様は、買うときに事前に調べて行きます。
HPにある機能さえ、問い合わせてもわからない。

時間ばかり過ぎていく。
こちらは、イライラ。

待たせている間、お茶くらい出せよ。

人は自分の鏡。人のフリ見て直さねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発送ミス

てんやわんやの月曜日。
色んな用事をこなしながら、あわただしくしていました。

八幡のお客様から、代引き宅急便でのご注文。
忙しくて、住所を確認するまもなく、発送を嫁さんに頼んで
私は他の配達。

今、帳面整理をしていて、お届け先の間違いに気がつき
ました。
「ガーン」

すぐに宅急便にストップの電話。
今から、配達をしようと思いお客様に電話をするが繋がらず。

明日、片道40分かけてお米5K配達になりました。
宅急便からは、運賃の請求があるらしい。

こんなこと、嫁さんには言えません。
戻ってくる荷物は、こっそり宅配センターまで取りに行く予定。

忙しくても、伝言はきっちりとし確認すべきでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青春座

劇団 青春座による「秋の三色すみれ」を観に行って
来ました。

元教師で、新しい生きがいに挑戦する長女
専業主婦が女の幸せと信じている次女
助産婦として幸せを膨らませる三女
の三人を軸とした物語でした。

人生の秋を迎え、姉妹でありながら三人三色の
色を咲かせている。まさに
「秋の三色すみれ」という名がぴったりでした。

「人の幸せのカタチは、人の数だけある」

「いい香りのする、人様の役に立つ人間になればいい」

劇中の言葉には、ハッとするものが多く。

妻には、「妻」「母親」「女」としての顔があることに気づかされ、
夫として求めすぎていたのかなぁ。なんて、反省させられたり。

沢山の感動と、気づきを与えていただきました。

和田夫妻の出番は少なかったけど、とても印象残ったよ。
お疲れ様でした。和田旦那・今度飲みに行こうね。

帰りに、山が夕焼けに照らされ紅葉した木々が綺麗で
今日一日が、とっても素晴らしく心に残る良い日となりました。

ありがとう。青春座。ありがとう。和田夫妻。
次回も楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

じじらぁ~

用事があって、リバーウォークへ。
地下のフードコートに行くと、「じじや」があり、店主の
秋武さんを発見。彼が店に立つのは珍しく、感激です。

それにしても、すごい人だかり。
お昼の佐世保バーガーを食べながら、眺めていました。

「あっ!しじや復活したんだ」
「ここ知っている。おいしいって評判らしいよ」

なんて言う声を聞き、びっくりです。
ちなみに、じじやのファンのことを「じじらぁ~」というらしい。

なんで、フードコートに物販が?
なんで、こんなに人だかり?
なんで、若い人が干物を?

私の頭の中は、クエスチョンだらけ。

秋武さんに聞いても
「ふ・ふ・ふ・・・」
と秘密めいた不敵な笑い。

そして、彼は一枚の紙をくれた。
「えっ。これが集客のもとなのか!!!」
たった。これをするだけで・・・。

さすが、伝説のひものやだけのことはあった。

彼は、素晴らしい鵜匠である。
しかし、その鵜匠を操る「奥様」という素晴らしい船頭の
お陰だということを実感した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七五三

妙見神社に行くと、七五三のお参りで一杯でした。

若い夫婦とおじいちゃん。おばぁちゃんに連れられ
みんな笑顔一杯。
うちの子供のときを思い出しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

定休日

街中を配達していると、写真の言葉が目に飛び込んで
きました。車を止めて思わずパチリ。

もう一工夫あれば面白い。

この字の下に
「本日は、わざわざお越しくださったのに申し訳ありません。
今日は、スタッフ一同充電しております。明日から元気一杯
勤めさせていただきますのでよろしくお願いいたします」

なんてね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝寝坊

久しぶりに家族揃って、朝寝坊。
普段は、6時20分に目覚まし。

今日は、
「和く~ん。学校に行こう!」
という、呼び声に目が覚める。

時計を見ると、8時。
「ガーン」

長男は、怒り心頭。
「何で、起こさんのや!!!」

生まれて初めて、朝食抜きで学校へ。
次男は、ゆっくり朝食後 走って学校に行っていました。

疲れがたまっているのかなぁ。
今晩、久々に用事がないので、早く寝よっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タッチの差

古い公団のエレベーターは、速度がかなり遅い。
待つのもイライラ。乗っても「まだかいな」。

時々あるのが、エレベーターのボタンを押そうと
思っていたら動き出す。

今日も、ボタンに触れた瞬間、下に降りてしまった。
タッチの差で悔しい。
今から、冬の寒いときこの時間は長い。

PS
松江のひろ子店長。
食協の岩田くんに、名刺を預けました。
よろしくね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

講釈師

リビング北九州さん主催で「土鍋で作るご飯と旬の料理」
の、講師として呼ばれました。
講師というより、講釈師と博多の方からツッコミが入り
そうですが・・・。

20名の女性を前に「ごはんの炊き方」を伝授。
米の炊き方を計量からほぐしまで、工程とその意味を話して
きました。

質疑応答もなんとかこなし、お米マイスターの名前を汚さ
ないでよかった。
受講者の方からも、最後に土鍋のよさを発見していただき
西部ガスさんにも、喜ばれました。
ご飯のおいしさを、改めて感じてもらえればうれしいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お忍び

昨日は、お忍びで大阪に行ってきました。
本当は、みんぐあさんとデートしたかったのだけど
人妻を振り回してもねぇ~。

用事があったのは、14時30分から。
新大阪到着12時30分頃。
腹か減ったので、とりあえず構内で昼食。
一人だから、めんどくさいので「博多らーめん」
何で、大阪まで来て博多らーめんなん?
それにしても、不味かったなぁ。

時間潰しに、デパ地下めぐり。
まずは、難波の高島屋。
流石人が多い。米売り場に直行。
なんじゃこりゃ。っていう感じ。

次に、心斎橋のそごう
人がガラガラ。小倉より少ない。
米売り場に行くと、東洋精米機の子会社がやっている。
商品のパッケージがいい。思わず購入。
日付が古い。売れてないなぁ。

隣の大丸へ。ここも人が少ない。
店作りもなんだかねぇ。

デパ地下めぐりは、今回のサブテーマーだった、米袋の
デザインと、もし新しい店を出すんだったらと言う「名前探し」
両方見つかり、収穫充分。
これで、旅費分もとが取れたのも同然。

本当の目的は、内緒。
この日会ったすごい人。
くだもんやyokkoさん。

果物に命を賭け。ちょっと大げさかなぁ。
楽しみながら商売をしている。
果物を使ったカレーライス。
具が果物のちらし寿司
大阪では、有名らしい。

ちなみにyukkoというのは、奥さんのニックネームだとか。
店名に奥さんの名前をつけるとは素晴らしい。
亭主関白協会の有段者になるであろう。


用事を済ませ、帰りの新幹線。
久しぶりに考える時間が取れて、じっくり考えました。
とっても充実した、お忍びの大阪でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サザン

仕事を終え、事務処理をしている時にいつも音楽を聴いて
います。疲れたときには「エンヤ」心を癒してくれ、活力が
出てきます。

そして大好きな「サザンオールスターズ」特に、バラード系が
大好き。サザンがデビューしたのは、大学生の頃。
色んな思い出が詰まっています。

サザンのお陰で、いつまでも青春でいられます。
昔は、40代といえば爺さんと思ってたのに・・・。

あっ!今 「真夏の果実」が流れてる。
うっ。涙が出そう。

ところで、静岡のKさん。サザンのCDはどうなった。
今度、大阪に持ってきて!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ツアコン

博多のお米屋さん。「味米塾」の方々総勢7名。盟友で
ある、原田さんが引き連れてやってきた。

今回の目的は、迷店と名店めぐり・北九州

迷店の当店にまずは到着。見るものがなくて、旦過市場
の、お米とおにぎりの店「米夢・マイム」へ。ここは、昨年
対比160%の優良店。その後、市場内のぬか漬けの店
間口1Mほどだが、ここも繁盛店。

最後に梶谷お奨めの「卵家」さん。オーナーの笠田さんに
レクチャーを。思いが伝わる店。

これらの繁盛店は、特別な事をやっているのではない。ただ、
徹底してやっているのだ。

ツアーコンダクターの役目を終え、精米にとりかかる。
SHAKEさん。今日はお疲れ様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男前豆腐

昨日、会議の後にゲーセンに行ってきました。
どうしても手に入れたい「ガチャポン」を探しに。

目当てのガチャポンは無かったのですが、
うわさに聞いていた「男前豆腐」のガチャポン。
思わずゲット。
しかし、このサイトはついていけなくなりました。
昔の方が面白かったなぁ。

竹虎さんの方が個人的に好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

右脳・左脳

右脳といえば、芸術・アナログ・感性
左脳といえば、理数・デシタル・知性
などと思い浮かべる。

私はどちらかと言うと、左脳派だろう。
使わないデターベースが好きだし。理論が通ってないのは
嫌い。

でも、右脳派の米屋の友だちと息があっている。
まぁ、彼があわせてくれているのだろうが。

右脳・左脳どちらのタイプか、面白いサイトを見つけた。
http://www.nimaigai.com/howto.html
あたっているような・あたってないような・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »