« 単品ブレンド | Main | 疲れた »

高温障害

食味を落としている影響と考えられる「高温障害」について。

九州地方では、高温による米の発育障害が出ている。
出穂時に高温にさらされると、稲が激しく呼吸するため糖分が消耗されてしまい、稲穂に栄養が行かなくなってしまう。その結果として、白未熟粒が発生するとのこと。

九州地方の出穂時の気温は、昭和50年度では22度であったが、最近では平均26~27度を超えると高温障害が発生しやすい。また、食味志向を反映した「低タンパク米」作りなどによって、栄養不足による発育障害を助長しているようだ。

ちなみに、九州地方の平成17年度の一等米比率は30%まで落ち込んだ。
温暖化の影響で、そのうち九州での米作りは、出来なくなってしまうのではないだろうか。

|

« 単品ブレンド | Main | 疲れた »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/11906350

Listed below are links to weblogs that reference 高温障害:

« 単品ブレンド | Main | 疲れた »