« 稲が倒れた | Main | 新米・うまい »

おはぎとぼたもち

今日からお彼岸
今朝の朝日新聞から

春のお彼岸は牡丹の花に見立てて「ぼたもち」、秋は萩の花になぞらえて「おはぎ」というのが通説になっているようだ。

「ぼたもち」「おはぎ」は、もともとは春の豊穣祈願、秋の収穫を感謝して神にささげる食べ物だったようで、民間で行われていた風習だったこともあり、地域などによって、さまざまな呼び名があったようだ。


最もポピュラーな説が季節の花から「牡丹餅」と「お萩」だが、このほかにはどんな由来があるのだろうか。
「小豆あん・黄粉の区別」
小豆あんをつけたのものが「ぼたもち」、黄粉をまぶしたものが「おはぎ」
「あんの状態で区別」
こしあんをつけたものが「ぼたもち」、つぶあんが「おはぎ」
「米の状態で区分」
あんをまぶす米の状態で区別し、もちにまでついたものが「ぼたもち」、ついた米のつぶが残っているのが「おはぎ」
「大きさで区分」
形の大きさという説は丸くて大きいものが、「ぼたもち」、小ぶりで長めに作られたものが「おはぎ」。
「くず米説」
精米する時にワラくず混じり米を「ボタ」と呼んだことから、くず米を使ったものが「ぼたもち」
「仏典説」
仏典に用いられたパーリ語の「ブタ(飯の意)」が「ぼた」になり、「ぼたもち」になった。


では、なぜお彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」を食べるようになったのだろうか。食文化研究家の永山さんは
「お彼岸は季節の変わり目。厳しい夏や冬を迎えようとする時期で、小豆が健康にいいということを経験的に知っていたのだろう」。と話す。
小豆の赤はおめでたい色で、邪気をはらう色と信じられていた。先祖供養の他、神仏に供え、御下がりを食して、「神仏の力を体の中に取り込みたい」と願う意味もあったのだろうと永山さんは話す。

|

« 稲が倒れた | Main | 新米・うまい »

食う」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/11972311

Listed below are links to weblogs that reference おはぎとぼたもち:

« 稲が倒れた | Main | 新米・うまい »