« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

新米

昨夜、お米屋さんの集まりがあり、新米の試食会をしました。

佐賀・上場コシヒカリ。山口コシヒカリ。夢つくし。の三品です。
全て新米。

名前を伏せて、食べ比べをするのですが、甲乙つけがたい。
夢つくしの食感は、新潟コシヒカリに似ているのですぐ判りました。

思ったより良かったのが、山口のコシヒカリ。
昨年、出来がよくなかったので、仕入れませんでした。
食味のよさに驚きです。

新米も続々入荷していますが、
お客様の反応もイマイチ。

昔に比べて、保存状態がよくなったので下手な新米より古米の方
が美味しかったりします。
また、産地によって、出荷を急ぐあまり、品質の面でよくないものも
あり、これらが新米の評価を落としていると思います。

でも、今がワクワクする時期。

せっかく丹精込めて作ったお米。
天候に負けないで、お客様から喜ばれるものを提供したいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

夏休み

夏休みも残りわずか。
子どもたちも、ラストスパートで宿題に追われています。
みんぐあさんも、親子共同で貯金箱を作られたとか。

我が家も、爺ちゃんを含め家族総出で、子どもたちの宿題
を手伝っています。

工作は、上の息子は爺ちゃんの。下の息子は嫁さんの力作。
読書感想文は、私も参加。

私が子どもの頃、やはり泣きながら宿題をやっていた記憶が。
来年は、こんな思いをやらないと決意しながら、毎年・・・・。

さぁ、帰ってから読書感想文に取り掛かろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジュピター

昨夜、24時間テレビを何気なく見ていました。
この手の番組は、あまり好きではありません。
何もやらないよりは、一年に一度でも意識を持つのもよいかも知れませんが・・・。

韓国人のイ・ヒアさんは、生まれつき両手に2本ずつ計4本しか指がないという。
幼少時代からピアノを始め、1日10時間にも及ぶ練習の結果、
今では難しいクラシックも弾けるようになった。
そんな彼女が大ファンである平原綾香と、『Jupiter』を共演していた。

平原綾香 『Jupiter』

Every day I listen to my hert
ひとりじゃない
深い胸の奥でつながっている
果てしない時を超えて 輝く星が
出会えた奇跡を 教えてくれる

Every day I listen to my hert
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に抱かれて

私のこの両手で何が できるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うより 悲しいことは
自分を信じてあげられないこと

愛を学ぶために孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄ませて

私を呼んだなら どこでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじやない
ありのままでずっと 愛されている
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために 


歌を聴いているときは、感動して聴いていましたが、歌詞だけを読むと今ひとつ。
歌に魂がこもっているから、伝わってきたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

試練

時々、落ち込むことがあります。自分自身に言い聞かせている言葉を思い出すまま。

朝の来ない、夜はない。

桜は暖かくなったから咲くのではなく、冬の厳しさを味わってから咲く。

今おきていることは、その人にとって必要なことである。それをどう受止めるかが問題だ。

コップに水が半分入っていたとして、「もう半分しかない」と思うのか「まだ半分残っている」と思うのかによって人生は変わってくる。

宿命と運命
宿命とは、男で生まれたり。この両親から生まれたり。今この時代に生まれたり、受け入れなければならないもの。
運命は、命を運ぶ。自分で切り開いて行くもの。
物事には、変えられないものと、変えられるものがある。
帰られないものは、受け入れ
変えられるものは、乗り切ろう

悩むのと、考えるのは違う。

行動は、全てを解決する。

全てを受け入れよ

試練。逃げるな。

最後に
「なんとかなる。なんとかする」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

小さな店

師匠・田上氏のブログより無断転載

 かつて、「小さい店は大型店で全滅する」、と言っていました。
いまでも言っている人がいます。人は、皆自分を被害者におきたいし、経営コンサルタントは、危機感を前提にものをいいたがります。

だから、
「大型店の、あの値段ではお客を取られるのは当然だ」
と、商店主の多くはため息をつきました。
「小さな店ではね」
と、身の小ささを不振の理由に挙げました。
 
 しかし、コンビニが各地に出店し始めた頃から、そんなことは表向き言うひとが少なくなりました。
 
 大型店が、次々倒産し出すと、
「あんな大きな店もつぶれる。ましてや吹けば飛ぶよな私の店は」、
と言う人もいました。でも中には、「おできも店も大きいほど、潰れるのが早い」、という人も出てきました。

 そのころからです。国や経営コンサルタントは、「郊外店舗時代、中心商店街は閑古鳥」と言い始めました。その流れが、今も続いています。

 それで街作り三法を変えることになりました。
15日間連敗した小柄な力士が増えた。それで体重制にしようと柔道みたいにルールを変える。
力士自体ではなく制度やルールを変える。こうしたことの是非を問うているのではなく何か違う。
対応というのは、自らを変化にあわせることが主流。低い身長に合わせて、メートルの単位を小さくしても、身長は変わらない。

         小さい店でも繁盛している
         安売りでなくても、売れている
 
 こうした事実から、私たちは無視してきました。小さい例外は大勢に影響がない。マクロは小さなミクロの異分子を消してしまいます。無視しました。そうしなければ、論理が通らないからです。

 でも、それは、

         小さい店でも繁盛している
         安売りでなくても、売れている

 その事実が存在していない、ことの証には絶対にならない。
 「それはなんでだろう」、という小さな事実の中に、大きな本質を掴むことを怠ってはけしてならないことだったのです。

 否、とてつもなく重要な事実を、私たちは確認しておくべきでした。

 それは、

 これだけ多くのお店があって、しかもあなたの店よりはるかに立派な、大きく、値段も安い、さまざまな店があるなかで、こんなちっぽけな店に、わずかばかりかも知れませんが、お客様がきてくださる、という事実。
 
 「田で食う虫も好き好きよ」
 と、自嘲しないでください。

 自嘲はいけませんが、実は、その通りだと私は思うのです。人がそれぞれ、田で食う虫も好き好きでなかったら、次のことが説明つかなくなるからです。

          わざわざ、お金もっていらしてくださる。
          他に、お店がいっぱいあるのに
          どこで買い物してもかまわないのに

          この事実を、見逃していませんか。
          このすごいことに感動していますか

 ここのところを考え得る方へ、私たち自身の考えを変えていく。この今から、私たち商人がなにを考え、なにをすれば小さくても胸を張って堂々生きていけるか、まずここからだ、と私は思うのです。

 注)この原稿は、思うことあって、私のブログのいくつかに重複してUPすることをお許しください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出来物

先日から背中に、痛た痒い症状があったがほっておいた。
昨夜、何気なく背中を触ってみると大きく腫れていました。

今日、念のために病院に行ってみると、いきなり切開しましょう。
麻酔を背中に打たれて、切開されました。

膿を出して、ガーゼを入れられ毎日ガーゼの取替えに通わなく
てはいけないそうです。

その間、お風呂はダメだとか。
毎日、汗びっしょりになって、お風呂が一番の楽しみだったのに、
その楽しみを奪われてしまいました。

2~3ヵ月後には、簡単な手術をして、膿を作り出すカプセルを
取り出すそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

城島健司

甲子園の熱闘は、それにしても凄かったですねぇ。私は、王監督のファンなので早実を応援していました。最後の最後まで、双方良く戦いどちらが優勝しても満足な試合でした。

ホ―クスから、アメリカに渡った「城島健司」も頑張っています。今朝の朝刊に彼のインタビュ―が載っていましたので、一部紹介。


「マウンド上で言葉うんぬんの励ましは、多少要るかもしれませんけど、それほど必要ではなかった。言葉が達者だからいい捕手とは言えないと思いますし、言っていることとやっていることが違えば信用されないですから、日本でも思っていましけど、重要なのは投手のことをよく見ていかなきゃいけない。投手が髪を切ったとか、グラブが新しくなったとか、スパイクが変わったとか。そういうことに最初に僕が気がつくことだと思いますね」


「まず個人のパフォ―マンスなくしてチ―ムの勝利は考えられません。ヒットをいっぱい打ち、守りで投手をうまくリ―ドして、ちゃんと盗塁も刺す。僕らは将棋の駒だと思います。いい動きが出来なければト―タルの勝利はない。自分が桂馬なのにね、金や銀のことを考えて将棋はやれないのと一緒で、僕は桂馬なりのしっかりした「桂馬道」を進んでいかなきゃいけないと思っています」


お客様や自分の商売に置き換えると、考えさせられました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100円ショップ

昨日、息子と映画を見に行ったついでに、100円ショップに寄って
きました。お米も売っていることを思い出し探しました。

特選米・・複数原料米400g
無洗米・・同じく    300g
もち米・・        300g

袋の表面には、この1袋(400g)で、
おにぎり約10個分
おちゃわん約6杯分

裏面には、
1袋(400g)炊くには、約500ccの水が必要ですと書いてあり
隣に500mlのペットボトルの絵があります。

キャンプとか、どこかに行くと時非常に便利ですねぇ。
あまり売れているようには思えませんが、消費者への提案
として、勉強になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テネシーワルツ

先日テレビで、綾戸智絵さんが「テネシーワルツ」を歌っていて
心を惹かれました。

もともと「テネシーワルツ」や「サントワマミー」が好きで、思わず
綾戸智絵さんのベストCDを注文。
今も聴きながら仕事しています。

JAZZは、以前よく聴いてましたが最近では久しぶりです。

B00006lfa109_pe05_ou09_scmzzzzzzz_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風

小さい頃、「たいふういっか」を「台風一家」と思い込んでいた。
何個も来る台風のことだと。一番大きいのがお父さんかなぁ
なんてね。

台風が直撃の予報ですが、今のところ静かです。
台風のせいか、さっぱり注文が来ません。

新米ラッシュのこの時期、台風はとても気になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

故郷-3

私の原風景です。故郷というと、この景色を思い出します。
リアス式海岸の奥まったところにある故郷。

今は、海岸線もコンクリートで覆われ、海も汚れて泳げなく
なったそうです。

この景色と従兄弟たちと遊んだ、夏休みの日々。
私の大切な思い出です。

幸兄ちゃん。故郷を大切にして下さいよ。
また、田舎でお会いいたしましょう。
お世話になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

故郷-2

このバンガローは、山の頂上にありました。
パラグライダーの練習を行っており、子どもたちと
見学。あいにく風が無くて飛べませんでした。

ここから見た風景です。夕日・満天の星空・朝日
最高でした。さすがに頂上だけに夜は冷え込み
タオルケットだけだと寒くて何度も目が覚めました。

翌日は、100m海水プールで泳いだり、帰り道
別府に立ち寄り、泥湯温泉を楽しんだり、充実した
お盆休みになりました。

泥湯は、混浴てした。女性は勇気あるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

故郷-1

13・14日と親戚の初盆のお参りを兼ねて、大分県の南端
蒲江に行ってきました。最初は、別府の温泉がとれたので
そちらに宿泊の予定でしたが、親戚がとってくれた蒲江町
のバンガローに宿泊です。

何年ぶりでしょうか、家族揃っての旅行は。何も設備の無い
バンガローでしたが、子どもたちは大喜び。時間が止まった
ような感じがして、心の洗濯が出来ました。

個人的にも、念願であった墓参りが出来て、心のつかえが
とれたようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新米入荷

今年は、宮崎・鹿児島の新米をパスして、佐賀・七夕コシヒカリ
が本日入荷。待ちに待った新米です。

値段が高い割には、白いお米が多くて、見た目は悪し。

味は、う~ん。こんなものかなぁ。
確かに、新米のようだ。
好みの問題もあるけど。

でも、自信を持って勧められない・・・・。

新米の美味しいのは、盆すぎからだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラジオ体操

小学校のグランドで、月曜から金曜までラジオ体操が
毎朝八時半から行われています。

朝一番の配達が、八時からあるので滅多に行けません。

今日は、子どもたちを連れて久々のラジオ体操。
こんなにからだが動かないとは・・・・。

日頃の運動不足のせいでしょう。
明日から、仕事を始める前に一人で体操をしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑

連日、猛暑が続いてます。
タオルを毎日変えているのですが、絞ると汗が流れて
きそうなくらい濡れてしまいます。

配達先で、噴水がありました。
おもわず飛び込みたくなりました。飛び込んだら「ジュッ」
と音がしそうなくらい、からだが熱いです。

昨日、子どもと妹の子どもたちが「市民プール」に行きました。
今日のニュースで、本日市民プールは、検査のため閉鎖と。

なんとも複雑な心境です。
対応が遅いというか、泳げてよかったというか。

それにしても、暑すぎます。
雨が降れば、スコールのような豪雨。
亜熱帯地域になるのも、近いのではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑中見舞い

静岡の三浦さんから、暑中お見舞いがきました。
彼は毎年、富士山山頂から暑中お見舞いを投函
しているのです。

山頂から届いた、暑中お見舞いは格別。
気がついたお客様は感動されるとか。

今回は、重量3Kのハガキの束をかついで登山。
ハガキを匂ってみると、彼の汗の香りが・・・。
雨が降ってもよいように、ビニールで梱包しているとか。

私の暑中見舞いも一緒に投函してと頼みましたが
断られてしまいました。

ありがとう、三浦さん。

Fuji

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花火

辺り一面を漆黒に染める黒髪に

一瞬だけ花が咲く

あれは花飾り?

夏だけできる 夜空のおしゃれ?

でも 一瞬で消えてしまうんだね

でもその一瞬が 綺麗なんだ

夏の夜の 素敵な幻想

Kamuro

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関心

ラジオを聴いていたら、パーソナリティが
「姪っ子がいるんだけど、いつ生まれたか記憶にない
人の年齢とか関心がないんだよねぇ」
と言っていました。

親愛なるI嬢に、知人の消息を尋ねたとき、
「私は、人の事をよく覚えているの。人に関心を持つようにしているから。人に関心が無い人は、人の名前を覚えきらないのよねぇ」と。

友人関係でも、お客様でも、その相手に関心を持つ。
人に関心がないから、相手からも関心をもたれない。
大切にするから、大切にされる。

今日は、深く反省させられた一日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冷やし中華

梅雨が明けたとたん、盛夏になりました。今年は、夏が遅かったせいか「冷やし中華」の売れ行きがよくありません。

もっともこちらでは、冷やし中華と言わずに「冷麺」と呼びます。

そこで調べてみました。「冷やし中華」と「冷麺」は、本来別物なのです。「冷やし中華」は日本生まれ。「冷麺」は、北朝鮮生まれ。

「冷やし中華」は、関東圏で使われ、「冷麺」は、関西圏の呼び名のようです。

その他、関東と関西で呼び名の違うものは
牛どん と 肉丼
肉まん と 豚万
関東は、肉と言えば牛。関西は肉と言えば豚だとか。

あと、回転焼きと今川焼き


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »