« | Main | 小倉祇園-1 »

早寝・早起き・朝ごはん

今朝の朝日新聞朝刊より
家族との会話が少ない子どもは学力が低い---
福岡市教委は12日、小・中学生対象の学力調査の結果を公表した。生活習慣との関連を調べたところ、家族との会話のほか、不規則な生活が学力低下につながっていた。

学力調査は4月、市立の小学4,6年生と、中学2,3年生約4万6千人全員を対象に、初めて実施した。(中略)
朝食は、「必ず取る」と答えた児童・生徒の正答率が最も高く、「ほとんどとらない」を10~15ポイント上回った。

今、文部省の基「早寝・早起き・朝ご飯」の運動を展開しています。
早ね 早おき 朝ごはんのHP

これは、100マス計算で有名な陰山英男先生が以前から提唱されており、ようやく国も本腰を入れたのだろう。

学力は家庭で伸びる  陰山英男 より
10年ほど前になります。子ども達の体力にやや不安を覚えた時期がありました。そこで学校ぐるみで生活アンケートを取りはじめたのです。回答結果に私は驚きました。まず、朝ご飯のメニューです。パン食が全体の2/3を占めていたのです。都市部なら驚くにあたいしないでしょうが、以前私の勤めていた学校は、山合いの農村地帯だったからです。
しかし、栄養士さんに話しを聞くと、朝はパンよりもごはんのほうが腹持ちがよく、栄養面でも優れていると聞きました。平成14年、広島県の教育委員会が実施した調査によると、朝ごはんをきちんととる子は、とらないに子比べて成績もよいしいあ決果が出ています。別な学校の調べでは、一食あたりの摂取食品数が多い子ほど成績が上位であることがわかりました。要するに食卓が豊かであれば成績もよいということです。朝食は体の栄養面だけでなく、子どもの心にも深く影響するように思います。
子どもにきちんと朝食をとらせてください。私は、ごはんとお味噌汁をおすすめしますが、しかし何を食べるか以前に朝食をしっかりとることが先決です。朝しっかり食べるためには、運動不足を解消し、早寝早起きの規則正しい生活を送ることが大事。夜更かしをすると、朝起きるのがつらくなるだけでなく、食べ物を受け付けられなくなります。まずは、朝食をきちんととる習慣をつけることが健康的な生活の第一歩です。
子どもの生命力を支えるのは家庭です。中でも食生活は基本中の基本。一日の原動力となる朝ご飯を大切にしていただきたいと思います

|

« | Main | 小倉祇園-1 »

食育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69472/10914798

Listed below are links to weblogs that reference 早寝・早起き・朝ごはん:

« | Main | 小倉祇園-1 »