« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

熱中症

月末の忙しさと、配達に終われ「てんてこ米」な一日でした。
しかも極暑。うだるような暑さで、何度もめまいがしました。
暑くて、仕事のペースが進まずにクタクタです。

そんな中、ガソリンのカードが無いのに気づき、カード会社に
電話すると、「停止処理をいたしますが、警察にも届けておい
て下さい」とのこと。

忙しいさなか、近所の交番に行くと留守。もう一軒の交番も
留守。仕方が無いので、本署まで行ってきました。

対応の悪いこと、犯罪を犯したかのように取り締まわれました。

交番には、きちんと人員を配置し、困った人間にはもっと優しく
対応して欲しいものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日一日

05:20 起床
05:40 散歩
06:20 朝食
07:10 家の大掃除開始
10:00 家の大掃除終了後、墓掃除
10:45 黒米の仕入れに中津までドライブ
13:00 友人のとこへ指圧
14:00 パソコンの前で事務処理
17:00 親父を連れて、あじさいの湯。久々の温泉
18:30 帰宅

カミサンと子どもたちが、いないので大掃除と事務処理が
一気にできました。指圧も行けたし、温泉にも。
充実した一日になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

晴耕雨読

焼肉屋さんに配達に行ったら、「晴耕雨読」という焼酎がありました。「晴耕雨読」は、大好きな言葉です。

晴れの日には畑を耕し、雨の日は本を読む。

このような生活そのものにも憧れますが、晴れたら晴れを楽しみ、雨ふれば雨を楽しむ。この気持ちがすきなのです。

人生においても、晴れの時期もあれば、雨の時期もある。
先日、お母さんたちの飲み会で、「赤ちゃんがいるから何も出来ない」と嘆いていた方がいらっしゃいました。

確かに、赤ちゃんの時期や子どもが小さい時期は、母親にとって大変です。子どもに手がかかり、自分のやりたいことが出来なくなります。子どもの虐待のニュ―スが

でも、人生にとって子育てできる時期は、わずかて゜はないでしょうか。貴重なこのときを充実させられないものかと考えてしまいました。この時期の母親の精神状態

人生にとって、つらい時期と感じた時は、「今は雨が降っている」と考え、心の中に傘をさして雨を楽しむ位の気概でありたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨明け

昨日、仕事を終え帰宅途中(帰宅と言っても隣だが)、全てがオレンジ色に包まれていました。こんな風景は初めてです。地震が来るんじゃないかとかみんなで心配していました。

長かった梅雨がようやく明けて、いよいよ夏本番を迎えます。今年はずっと涼しく、寝るときにも薄手の布団が無いと明け方寒いくらいでした。

日照不足のお陰で、農作物も味に影響が出てきているみたいです。米も今からが大切な時期。今までの遅れを取り戻してくれるのでしょうか。農家の方にも頑張って欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バグジー

先日、地元北九州にある「バグジ―」という美容室の久保華図八(くぼかずや)氏の講話を聞く機会がありました。私の防備録です。


7年前は「顧客第一主義」という名のもと、実は顧客ではなくて、お客様のお金が欲しいための「顧客第一主義」でした。当時は、成果主義を第一で従業員が安心して働ける環境ではなく、いきなり15名程度退職されたそうです。それからといもの、従業員が辞めない店作りを目指し、「従業員第一主義」を取り入れて、「顧客第二主義」に変えていったそうです。以下、箇条書きにて。

九州を中心に7つの美容室を展開する「BAGZY」。確かな技術はもちろん、気さくで思いやりにあふれるスタッフのもてなしが人気のこの美容室。お客様の感動が口コミで広がり、この時代に毎年着実な成長を続けている。そんなBAGZYの成長の原動力は何といってもスタッフのやる気と自主性。「お客様が喜ぶことなら何をやっても良い」という方針のもと、社員が自由にアイディアを出し合い、お客様一人ひとりに「感動」を提供する。「お客様の喜ぶ顔が何よりも好き!」というスタッフの心からのもてなし。感動の原動力はこのホスピタリティ・マインドだ。しかしスタッフのそんな「真心」は、社員が安心して働ける環境、会社や仲間への信頼感、挑戦できる風土がなければ生まれてこない。部下の成長を支える上司、価値観を共有する仲間。業績より人の成長を大切にする風土こそホスピタリティの原点だ。


1.家族みたいな会社を作りたい
・安心できる環境の時に冒険心が生まれる。不安のときは何もしない。
・与えたものは残るが、集めたものは残らない。
・値引きとは、不手際の前払い。手を抜いて、価格を安くする。―手間をかける―
仕入れ業者も、価格は叩かない。
・出入り業者も大切にする。
感謝状を贈る
・従業員の声を生かす
1.コミュニケ―ションを大切に。
人は自分に関心を持ってもらいたい
2.提案がうまく行ったらどうする会議
目標を持たせ、達成したらご褒美を与える
3.まかせる。責任と自覚を与える。
店長にコミュニケ―ション経費を与える
4.働く環境を良くする。
不便の解消
5.興味のあることを学ぶ
手品。手話。読書会


2.親愛なる友人だったらどうする?
目の前のお客様が、自分にとって一番大切な人と置き換えて行動せよ。
再来率100%を目指せ。集客より、定着。
・自転車で来たお客様が帰られるとき、ピカピカに磨きあげる。


3.地域に対するお役立ち
・金は地域で使え。近い商店で買い物。
・地域から「さん」づけで呼ばれる店に。地域から必要とされる店になれ。
・北九州以外では、出店しない。


4.師を持て
・尊敬できる人は、尊敬する人が必ずいる。
・魂を磨きあう友人を作れ
・人に、勇気や元気を与える人間になれ
・本を読め
・失敗しても良い。最悪は、やらないことで起きる失敗。
・野菜を売りたければ、良い野菜を作れ。良い野菜を作りたければ、土を作れ。
土を作るとは、環境を良くすること。これ風土という。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラゴンボール

漫画「ドラゴンボール」より

「考えるより、感じる心」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コクゾウ虫

米屋にとって、夏から頭を痛めるのが「米の虫」です。
虫対策は、基本的に掃除と薬剤の2つしかありません。
掃除は、隅々まで行っているのですが、どうしても手の
届かないところや機械の内部など出来ないところがあり
ます。

薬剤の使用については、二の足を踏んでいるのが実情。
虫が簡単に殺せる薬が、人体に影響を及ぼさないかと
考えるからです。

精米してすぐの米にもいたりして大変。
お客様から、米が古いのでは疑われます。

ゴキブリホイホイみたいに、コクゾウホイホイが発売され
ないものでしょうか。

Photo_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏バテ

最近忙しかったせいか、からだが重くて偏頭痛がする。
今日、時間が空いていたので指圧を予約しようと電話に
手を伸ばしたとたん、配達の電話が次々とかかってきた。

このきつさは、忙しさのせいばかりでなく夏バテなのかも
知れない。食欲も最近無いしなぁ。

先日、PTAの集まりであるお母さんの爆笑してしまった話
ある子どもが水風船で遊んでいた。

それを見たあるお母さん。
「中学生の頃、コンドームに水を入れてよく遊んでいたよねぇ」

みんな思わず引いてしまった。
どういう中学生生活を送っていたのだろう。
このお母さんも夏バテで意識が無くなっていたのかも知れない

| | Comments (0)

小倉祇園-3

祭りもようやく終わりました。
祭りの後の静けさを取り戻し、昨日までの喧騒がうそのようです。

3日間、重たい山車を先頭で引っ張り続け、クタクタ。友だちから
元気がなかったと笑われました。

楽しいかったあとの思い出を心に残し、寂しさを押し殺しながら
また普段の生活に戻ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

舞台

人生という舞台において、常に自分が主人公であれと言う。
自分だけを考えるとそうかも知れない。一人芝居からともかく、いや一人芝居であっても、自分だけでは舞台は出来ないであろう。舞台に関わる色んな人がいて、初めて舞台は成り立つのではないだろうか。

受付の人から、照明、音響、脇役まで一体、一つの舞台を構成するのにどのくらいの人間が関わっているのか今度、演劇をやっている友人に聞いてみたい。

主役というのは、一人しかいらないが、衣装についてはこの人がいないと困るとか、照明一つで舞台がガラリと変わってしまうとか、主役にならなくても、自分の役割を演じきれるような人間になりたいものだ。

人生を喜劇に仕立てたいか、悲劇に仕立てたいかは、その人の思い一つかも知れないが、一生懸命に自分の役割を演じているのを見て、楽しい喜劇を演じているつもりでも、観客から見れば悲劇に映ることもあるかも知れない。

もっとも観客や人の目を気にしなければ、自分が喜劇を演じているつもりでも、見ている人が悲劇に感じようが構わないかもしれない。しかし、伝えようと思うなら改めなくてはいけないだろう。何故なら見ていて苦痛になるからだ。もしかして、喜劇と悲劇は一体だと教えてくれているかも知れないが。

いづれにしても、自分の役割を知りそれに没頭している姿の人を見るとうらやましくもあり、素晴らしく思える。

祭りの最終日に見た、一幕に感じた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広瀬様

故郷のお母様のために、お米をお買い上げくださっている東京在住の広瀬様が、家族で帰省中に当店に立ち寄って下さいました。

今回は、小倉祇園に参加するために家族で帰省されたそうです。いつもお母様の為に、当店を利用していただいてます。親思いの広瀬さまには、頭が下がる思いです。
これからも、配達の折にはお母様のご様子を連絡させていただきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小倉祇-2

大むかしから人々は、お米がたくさんとれるよう、神に祈りました。秋になってお米がとれると、人々は神に感謝をささげました。

ここでいう神々とは、山ノ神。田の神。水の神。全てに神が宿っており、目に見えないものに恐れを懐き、敬意を払っていたと思われます。

そして、神がよろこんでくださるように、人々は太鼓を叩き、舞、山車や神輿をかつぎ、そして祭りを育てていったと思われます。

山笠に据え付けられた太鼓の音が無数に重なる小倉祇園祭りは、映画「無法松の一生で有名な祇園太鼓に象徴される 勇壮な祭り行事である。小倉祇園祭りは、関ケ原の戦いの功により、四十万石の大名に任ぜられた細川忠 興公が、慶長七年(1602年)に大規模な小倉城の築城を始め、元和三年 (1617 年)に、天下泰平・悪疫退散・五穀豊穣・商売繁盛を願い、城下町としての繁栄のために祇園社を創建して領内の総鎮守 とし、翌年から行った豪華で華やかな祇園祭りが始まりといわれています。

祭りは見るものでなく参加するもの。祭りを体験できるのは幸せです。太鼓のリズムはからだに染み込んでいくことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小倉祇園-1

我が家には、小5と小2の息子がいるが、彼らは専用の部屋も
机も持っていない。家が狭いのと貧乏なため、部屋も机も買い
与えないでいる。

もっぱらリビングにある、大きめの家具調コタツが我が家の勉強
机であり、遊び場にもなっている。何をするのもひのテーブルを
中心に家族が揃っている。

子どもたちが勉強をするときは、テレビを消して親も本を読んだり、子どもの勉強を見ている。机を買って欲しいという声も出たが、置き場所もないし、おもちゃ箱になってしまいそうなのでそのままだ。

次男和希は、外で遊ぶことがなく、部屋で一人遊びばかりしていたが、卓球を習い始めてから、外で遊ぶ楽しさにも目覚めたみたいだ。最近では、野球を習いたいなどとほざいている。

友だちが来て、ゲームをよくしているが、外に遊びに行ってもらいたいが昔と違って、遊ぶ場所も限られていし、物騒なので一人で遊ばないように言われているらしい。

今日から三日間、小倉祇園太鼓が始まる。幼い頃の祭り体験は、
生涯忘れないだろう。たっぷりと味わって欲しいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早寝・早起き・朝ごはん

今朝の朝日新聞朝刊より
家族との会話が少ない子どもは学力が低い---
福岡市教委は12日、小・中学生対象の学力調査の結果を公表した。生活習慣との関連を調べたところ、家族との会話のほか、不規則な生活が学力低下につながっていた。

学力調査は4月、市立の小学4,6年生と、中学2,3年生約4万6千人全員を対象に、初めて実施した。(中略)
朝食は、「必ず取る」と答えた児童・生徒の正答率が最も高く、「ほとんどとらない」を10~15ポイント上回った。

今、文部省の基「早寝・早起き・朝ご飯」の運動を展開しています。
早ね 早おき 朝ごはんのHP

これは、100マス計算で有名な陰山英男先生が以前から提唱されており、ようやく国も本腰を入れたのだろう。

学力は家庭で伸びる  陰山英男 より
10年ほど前になります。子ども達の体力にやや不安を覚えた時期がありました。そこで学校ぐるみで生活アンケートを取りはじめたのです。回答結果に私は驚きました。まず、朝ご飯のメニューです。パン食が全体の2/3を占めていたのです。都市部なら驚くにあたいしないでしょうが、以前私の勤めていた学校は、山合いの農村地帯だったからです。
しかし、栄養士さんに話しを聞くと、朝はパンよりもごはんのほうが腹持ちがよく、栄養面でも優れていると聞きました。平成14年、広島県の教育委員会が実施した調査によると、朝ごはんをきちんととる子は、とらないに子比べて成績もよいしいあ決果が出ています。別な学校の調べでは、一食あたりの摂取食品数が多い子ほど成績が上位であることがわかりました。要するに食卓が豊かであれば成績もよいということです。朝食は体の栄養面だけでなく、子どもの心にも深く影響するように思います。
子どもにきちんと朝食をとらせてください。私は、ごはんとお味噌汁をおすすめしますが、しかし何を食べるか以前に朝食をしっかりとることが先決です。朝しっかり食べるためには、運動不足を解消し、早寝早起きの規則正しい生活を送ることが大事。夜更かしをすると、朝起きるのがつらくなるだけでなく、食べ物を受け付けられなくなります。まずは、朝食をきちんととる習慣をつけることが健康的な生活の第一歩です。
子どもの生命力を支えるのは家庭です。中でも食生活は基本中の基本。一日の原動力となる朝ご飯を大切にしていただきたいと思います

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニフティ側で、トラブルが続きブログを書き込めませんでした。
ようやく復帰したようで、久々の更新です。

先日NHKお昼の番組で、旦過市場が生放送で出ました。
私も、どこかで映らないかと待機。残念ながら、全国デビューならず。
口の悪い友人は、映ったら抗議がNHKに殺到していただろうと。

写真は、藤波辰巳さん。以外と小さかった。
ここのヌカ炊きのお店は、放送後注文の電話が殺到したそうである。
恐るべし、全国放送。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七夕

昨日は、七夕でした。夜空はあいにくの曇り空。
思わず、幼い頃田舎で見た「天の川」を思い出し
ました。満天の星空に流れ星。今も脳裏に焼きつ
いています。

昨夜は無事、織姫と彦星は会えたのでしょうか?
もしかして、今日の雨は二人の涙雨かなぁ。

せっかく年に一度の再開。
愛する人と年に一度しか会えないなんてかわいそう。

私だったら、最初は淋しいかも知れないが、愛人を
作るかな?
大阪妻・静岡妻なんて。

今、お金と時間があれば、満天の星空を眺めに行き
たい。そして星と話しをしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七夕

昨日は、七夕でした。夜空はあいにくの曇り空。
思わず、幼い頃田舎で見た「天の川」を思い出し
ました。満天の星空に流れ星。今も脳裏に焼きつ
いています。

昨夜は無事、織姫と彦星は会えたのでしょうか?
もしかして、今日の雨は二人の涙雨かなぁ。

せっかく年に一度の再開。
愛する人と年に一度しか会えないなんてかわいそう。

私だったら、最初は淋しいかも知れないが、愛人を
作るかな?
大阪妻・静岡妻なんて。

今、お金と時間があれば、満天の星空を眺めに行き
たい。そして星と話しをしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

迷惑メール

迷惑メールのお陰で、今日メールの受信が出来なくなりニフティに問い合わせた。メカオンチの私でも判るように説明して頂 、全ての問題(大した問題でもないが)が解決した。

一番嬉しかったのが、ログインの方法がわからなくなり、色んな設定が出来なかったこと。今回、設定方法がようやく出来。迷惑メールが全く来なくなり快適。携帯電話にも転送。
環境が大幅に変わった気分である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »