« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

食育基本法

食育基本法とは?

「食育基本法」は、平成17年7月15日より施行された法律です。食育に関する基本理念を定め、国民の健康と、豊かな人間性を育むため、食育の推進を課題とし、現在及び将来にわたる、健康で文化的な国民の生活と、豊かで活力ある社会の実現に寄与することを目的として、つくられました。食育基本法には、「食育は、食に関する適切な判断力を養い、生涯にわたって健全な食生活を実現することにより、国民の心身の健康の増進と豊かな人間形成に資することを旨として、行われなければならない。」とあり、食育の方向性が述べられています。他にも、栄養バランスの崩れや、食生活の乱れ等からおこる、生活習慣病の問題を改善しようという課題も、盛り込まれています。法律化されたことにより、ますます食育への注目度が高まっています。

詳しくはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炊き比べ

昨夜、お米屋さんの会議があり、食べ比べをしました。
今回、試食したのは、「福島・会津コシヒカリ」「山口・阿武コシヒ
カリ」「福岡ヒノヒカリ」の3点です。価格ラインから、上・中・下を
選びました。

蒸らしが終わって、しばらくして試食。
まず見た目でチェック。3種類とも粒の大きさの違いはあれどほ
とんど変わらず。
次に香り。これも大差なし。
味。これも大差なし。
粘り。若干違いが出ている。

正直言って、一番高いお米は、食感でたぶんこれだろう。
二番目と三番目は、わからない。

試食する前は、せめて一番安い米はすぐにわかると思っていた
のに、じっくり食べてもそんなにわかりませんでした。
8人中全問正解は1人だけ。

夏を迎える今頃は、食味のクレームが来る時期です。
米の良し悪しは、時間を置くと出てくるものですが、
炊き上がりの米をすぐ食べきると、安い米でも充分な食味が出
ました。

銘柄で選ぶのではなく、自分にあった米を探すことも学びました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

命ある食べ物

6月27日 火曜
私の食についてのテ―マ―は「命ある食べ物は、命の糧になる」である。

最近は、「人に良いと書いて、食となる」とか、「食べることは、生きること」など多くの言葉を聞くようになってきた。人間のからだは、食べたものによって出来ている。人間のからだの組織は、三ヶ月で変わると言われているが、良いだべものを食べ続けていると、三ヶ月でからだも良い組織に生まれ変わるという。

それでは冒頭の「命ある食べ物」とは、どういうものだろうか。我々が食べている食物も、命あるものを与え続ければ命ある食べ物になる。「有機」と「無機」という言葉があるが、「機」という字は、事の始まりであり、「命」につながるという。つまり、「有機」とは「命有るもの」「無機」とは「命無きもの」ということではないだろうか。

今回、菊池に田植えに行った時、生産者の方に質問をしてみた。
「米には、一等・二等・三等・規格外・中米といった規格があるが、それらの米に命の充実を当てはめてみれるのだろうか」

生産者の方曰く
「等級にはそれなりの意味があります。一等を成人とすれば、三等は高校生。規格外は中学生か小学生のレベルではないだろうか」

極端に安い米は、規格外の米を使っているところもあるようだが、これを買うということは、命の充実度の低い米を食べていることにつながるのではないだろうか。
命の乏しい食べ物を食べ続けていると、やはりからだも、自然とエネルギ―の弱いからだになり、アトピ―とかアレルギ―体質になりやすくなり、病気にもなりやすくなると思う

現在、国が勧めている「食育」も、80兆円に及ぶ医療費の削減を図るためにも、食に対する見直そうという項目が書かれている。

本当に命ある食材は、手間隙かかっているのでやはり割高である。しかし、医療費や健康のことを考えると、どちらが得なのか再考しなければならないだろう。

あなたは、命ある食べ物を食べていますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田植え

6月25日 日曜
前日から大雨が降り続き、当日どうなることやらと心配しながら、熊本県菊池市
まで、田植えに行ってきました。この田植え・稲刈りツアーも、10年近く続いて
います。

途中、雨にあいながらも、現地に着くとなんとか雨は上がり、田植えをする間は
止んでくれました。一時間ほどびっちり田植えを行い、久々に土の感触を味わって
きました。小学生も学校の田んぼとは違い、本物の田んぼのぬかるみに大歓声。

私も、腰を気にしながら子どもたちと植えてきました。お昼はバーベキュー。
いつもながらに、JA婦人部のみなさんにお世話になりました。帰りは、温泉に
立ち寄って汗を流し、帰りのバスでは爆睡していました。

快く私たちを歓迎してくださる、JA菊池の皆様方には、ただ頭が下がる思いです。
農家の方々の思いを伝えなくてはと、あらためて感じました。明日の日記は、
今回学んだ、命ある米について。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日記は、mixiに移動します

mixiは、2004年2月に開始した日本初のソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)
です。企画当初より、「居心地の良いサイト」「身近な人や、趣味・興味が同じ人との交
流」をコンセプトに開発が行われ、今では400万人以上の方にご利用頂いています(5
月15日現在)。
※サイトをご覧頂くには、すでに参加されている方からの招待が必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静岡の三浦さんが、商業界湯布院研修の後立ち寄って下さいました。彼は全国でも有数のお米屋さん。店作りはスバ抜けてます。視点がお客様に向けられ、チラシも参考になるものばかり

彼からのメールの返信です。

三浦 寛さん。こんにちは。
新幹線乗り遅れましたか。申し訳ありません。
私は、有言不実行です。キッパリ。

1.お客様に関心を持つ
お客様のことをどれだけ考えているか?
お客様のことをどれだけ知っているか?
コミュニケーションの大切さ。
「伝える」と「伝わる」は、違いますね。
伝えるは、一方通行
伝わるは、相互通行

2.右と左  役立ちと儲け
日本人は、儲けに対して嫌悪感があります。
この前も、村上ファンドが「儲けて、どうしていけないの」
正しいことをして、結果として儲けるのは良いと思います。儲けないと、会社は続きません。

右があれば、左がある。
こころざしを持つことや役に立つこと。これを右脳とすれば、儲かること、これは左脳と思っています。
しかし、売上や利益はあくまで結果。何の結果かというと、お客様の支持率。決算書は、お客様からの通信簿なんですよね。正しいことを言っても、上記の伝わっていないということでしょう。
何故伝わらないのか。言っていることとやっていることが違うのか。伝わる努力をしていないのか。伝え方が足りないのか。

ごちゃごちゃ書きました。これは自分に言い聞かせてます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月18日

6月18日 日曜

博多でお米屋さんの勉強会があり行ってきました。
静岡の知り合いのチラシがテキストになっていてびっくり。
店名は消してましたけどね。

勉強会が終わりshakeさんと、福岡県立美術館に「星野富弘展」に行ってきました。

口で描くその作品は、身近にある何でもないことに喜びを感じ取る想いが伝わってきます。
草花など、無言ですが、その気持ちになりきるんでしょうかねぇ。人も相手の立場になり、その気持ちを汲み取ろうとすることも大切なのでしょうか。

目に止まった作品です。
今日も一つ 悲しいことがあった
今日もまた一つ うれしいことがあった

笑ったり 泣いたり
望んだり あきらめたり
にくんだり 愛したり

そして これらの一つ一つを
柔らかく包んでくれた
数え切れないほど沢山の
平凡なことがあった

何があっても、受け入れることも大切。
サッカーファンの皆様、試合に負けても明日シャッターを閉めないようにね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月17日

6月17日 土曜
一日に100通位迷惑メ―ルが来ます。最近タイトルで、手の込んだメ―ルも多くなり、
つい開封。「同窓会を開きます」とか「会議のお知らせ」とか「業務連絡」など。

やっかいなメ―ルは、本当に困りものです。
最近の女子高生は、ブラインドタッチで携帯メ―ルをするとか。おじさんは、携帯メ―ル
が苦手。文字を探しているうちに、何を書こうとしていたのか忘れてしまいます。

メ―ルもいいけど、やはり手書きにはかないません。年頭に今年こそ、出会った人やお世
話になった人にハガキを書こうと思いながら、つい忘れてしまいます。ハガキはいつも用
意しているんですけどねぇ。

ム・口な心と書いて「怠け」とか。伝える工夫をしなければなりません。

大好きなコラムより、引用
父と母がケンカした。怒った父は「もうお前とは口をきかん。何か用があったら紙に書い
て渡せ」と言った。さすが九州男児。

翌日、朝早く出勤するはずの父が家にいる。心配して、まだいいのかと聞くと、黙って一
枚の紙切れを見せてくれた。

枕元に置いてあったのらしいのだが、一言
「あなた五時です」
一筆恐るべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月16日

6月16日 金曜
ある掲示板から
「7月1日から煙草が全面値上げになりますが、そろそろ買いだめのお客様から予約
が入ります。
本日のお客様が新記録!なんとお一人で100カートン・30万円!(笑) まじっすか?」

これを読んで思わず目が点になりました。
昨日仕入れたタバコの賞味期限を見てみると、19年3月。期限切れまで9ヶ月。
ヘビースモーカーとして、一日二箱。100*10で1,000個/2箱で500日分。
19年3月までに吸いきったとしたら、280日位 1000/280で一日3.5箱

節約のため買ったのであろうが、あれば吸ってしまうし・・・・。
健康はともかく、税金を沢山払ってくれたのだからまぁいいか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月15日

6月15日 木曜
お客様のところで、駐車禁止の話題になりました。
玄関を開けると開口一番
「最近、駐車禁止大変でしょ!。このあたりも多いのよね。この前、配達に来た
お酒屋さんも、ちょっと話していたら駐車禁止を張られたんだって」
警察の取り締まりや、その話題で語り出すこと10分。

こちらは、冷や冷や顔が引きつりながら話を聞いてました。心の中で
「そんなに、ここら辺で取締りが多いのなら、早く帰りたい」と叫んでました。

街中もそんなに取り締まれている様子もありません。でも油断大敵。
忘れた頃に災難はやってきそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月14日

6月14日 水曜
小学校で田植えを行いました。4・5・6年生全員です。
5・6年生の子どもたちもほとんど、田植えの経験があるので慣れた手つき
で植えていました。子どもたちの歓声より、お手伝いの地域の方の声が大
きく、見ていて楽しい田植えになりました。

昨年は、スズメや虫の被害もなく大収穫。採れたもちこめで、餅つきも好評
今年も無事に出来ますよう、田んぼの管理をしていきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月10日

6月10日 土曜

JR駅での有名な話
記入例に書いてある「JR太郎」を見た人が怒って抗議した。
「こんな名前、あるわけないでしょ」

さすがJR職員
丁重に「判りました。なんとかします」。

次の日見ると、JR太郎の下に
「日系二世」と書いてあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月9日

6月9日 金曜
飛び込み営業が苦手で、先日お寿司屋さんをタ―ゲットにしたDMを出しました。40通
くらい出して、注文があったのが3件。

今日、足立にある「江戸前寿司 二鶴」さんの若きご主人がご来店下さいました。北九州
で唯一の江戸前寿司。色々とこだわっているようでした。寿司も玄米で握ってみるとか。

ご主人が帰られた後、かみさんが
「すごいイケメンだったねぇ」
と顔を輝かせながら言ってました。

職人さんにしては珍しく物腰も柔らかく、男が見ても惹かれる人でした。
普段、サイフのヒモが硬く寿司屋さんなんか行ったことが無い彼女が
「今度、食べに行こう」と目がギラギラ。

「う~ん。何を食べたいのだろう」

江戸前寿司 二鶴さん
http://www.edomaezushi-nikaku.com/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月8日

6月8日 木曜
知り合いのIさんから、以下のメ―ルを頂きました。
「水草の種類でウォ―タ―クロ―バを買いました。幸せな気分にしてくれます。
写真送ったけど、見れましたか?幸せのおすそわけです。」

彼女はいつも私のことを気にかけてくれています。メ―ルでも、商売でもそうですが、主
語が「私」なのと「あなた」では、受け取りかたが違ってきます。一方的に自分のことだ
けを伝えようとしている人や、何を聞いても自分の話題しか話さない人。段々退屈になっ
てきます。

会話は、キャッチボ―ル。相手の心をめがけていかないといけないと教えられた気がしま
す。
Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月7日

6月7日 水曜
朝、飲食店の配達先で、「近頃、色んなとこがサンプル持ってくるけど、お宅の米が一番おいしいよ」と言われました。嬉しくて、仕入れ先にお礼の電話を入れました。「あなたのお陰で、お客様から褒められた」って。

最近は、安い米が値上がりしてきているらしいけど、ついでに「値上げしてもいいから、品質たげは気をつけて下さい」とお願いしました。今から、夏に向かって食味が落ちる時期。せっかく喜ばれたのに、食味を維持したいものです。

街の方へ配達があったので自転車で行ってきました。ついでに本屋さんものぞいてきました。あるコーナーで背中に電流が走りました。「これだ!!」って。内容は、とりあえず実践してみてから報告します。経営本とか、実践本ではなく、以外なとこでヒントを見つけました。

電流が走ったのは、生涯二度目。最初はかなり前。コーヒー屋さんで、コーヒー豆を挽いているのを見て。「これだ」って。当時は、店頭精米の店が全く無い時代。農機具メーカーから、小型精米機を取り寄せてお客様の目の前で精米。当時、5Kで10分くらいかかり、しかもお米が高熱を持ち触ると熱かった。

このときは、企画倒れ。みんながやり始める前に止めてしまいました。今度は、頑張るぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月6日

6月6日 火曜
アンパンマンのマーチ」の歌詞

作詞:やなせたかし 作曲:三木たかし 編曲:大谷和夫

そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

なにが君の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのは いやだ!
忘れないで 夢を
こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ
どこまでも
そうだ おそれないで
みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

時は はやく すぎる
光る星は 消える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ どんな敵が あいてでも
ああ アンパンマン
やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月5日

6月5日 月曜
知り合いのIさんから次のようなメールを頂いた。

「運動会から疲れが取れず、下の子と昼寝を三時間しました、殿方は、仕事と家庭の二つの疲れ、どう癒すのか?大変そう。なぜ(?_?)奥様と子供の顔を見て、疲れが取れないのか?暫くのテーマにして、答えがでたら教えてね。」

「妻」という字が「毒」に見える人がいるらしい。きっと視力が落ちたのだろう。以前、はがき道の坂田先生から、「人間関係の基本は夫婦だよ」って教えてもらいました。この世の人間関係での基本は「人は変わらない。変えられるのは自分だけ」ということらしい。今タンスの上に飾ってある言葉「夫婦とは、修行相手である。師になったり、弟子になつたり」もっぱら私は、一生弟子のままかもしれないが・・・。夫婦でも親子でも「期待しないことが大きな愛」かも知れない。

Iさんへ。アイの前にはHがあり、G.I(慈愛)の中にある。

愛の小話を
愛ももつれるとやっかいだ。妊婦さんの有名な話。電車の中で知り合いの妊婦さんにバッタリと会って、席を譲ったお父さん。お正月にきた子どもを抱いた年賀状を見た妻に「これ、どういうこと」と詰め寄られた。写真の下に一言メッセージ。「あの時の子です」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月3日

6月3日 土曜
当店のフリーダイヤルはどこかの運送会社の番号と似ているらしく、よく
「集荷に来てください」と間違い電話があります。
県外からのフリーダイヤルは必ず
「お電話ありがとうございます。かじや米穀店です」というようにしています。

今日の方は、名乗ったのに
「航空便のチケットを取りたいのですが・・・。」といわれました。
関西系の店だったら「ボケ」で返すのでしょうが、丁重に間違い電話とお断り
しました。たるさん。ハナちゃん。ボケで返す言い方を教えて下さい。

今日の変なメールより
高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレ行きたくなったので
サービスエリアに立ち寄りました。

手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から

「やあ、元気?」

と声がしたのです。
男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。
どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに

「まあまあだよ」

と答えました。
すると隣人は

「そうか……それで、今何してるの?」

と言うのです。妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。

「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」

やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。

「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」

| | Comments (2) | TrackBack (0)

6月3日

6月3日 土曜
西日本新聞今朝の朝刊によると、県内の農産物直売所の売り上げが急速
に伸びている。年販売額175億円235店舗に成長。県内の農産物直売所
は5年間で1.8倍の売上が伸びたらしい。店舗数を見ていると、統廃合が
行われ、数は変わってないようだ。

道の駅や農産物直売所は好きなので、時々見に行っていますが、価格的に
そんなに安いわけでもないし、品質が特によいのでもないようです。売れる
には、売れる理由があるはず。

品物を入れているカゴが、集荷の時に使うかごであったり、そんなに綺麗と
は言いがたい店作りであったり、接客が農家のおばちゃんでおせいじにも
良いとはいえない。

しかし、一見マイナスとみられる要因が全てプラスになっているのかも知れ
ない。売れる理由は、売れているところにある。もう一度じっくり見に行って
みよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月2日

6月2日 金曜
6月に入ったというのに、長袖を着ていてもそんなに暑くありません。
低温が気になり、契約農家に電話をしてみると
「今のとこ、2週間くらいの遅れだが、稲刈りは通常通りになると思う」
少し安心しました。低温で、長雨が続けば不作になる確率が高いで
すからね。

今日、お客様から
「新米、出来ましたか?」と問い合わせがありました。
きっと、田植えのニュースでも見て新米とれたと思われたのでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月1日

6月1日 木曜
今日から、駐車禁止の取り締まりが強化される。仲間通しで、情報交換。
取り締まりが怖くて、コインパーキング300円使い納品。こんなことしてたら、
たまりません。写真は、涙ぐましい努力を見つけました。

取り締まりを強化することに異論はないけど、その前に納品の車は、駐車場
割引とか、駐車場を沢山作るとか、キチンと受け入れ体制を作って欲しいもの
です。

あんたのわがままには付き合いきれん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »